ベーシックカラーの紺とグレー。印象に大きな違いがあるんです。色彩心理の効果

2015.11.06 (金)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

ベーシックカラーの「紺」と「グレー」のスーツ
女性も男性も、仕事で着用する場面、多いですよね。

 

今日は「紺」「グレー」について
パーソナルカラー」と「色彩心理」両方の視点からのお話です。

 

色を味方につけて「自己表現」「自己演出」してくださいね。

 

まず、色彩心理の視点から、印象の話です。

 

「色彩心理」の視点から。

 

男性のスーツにも多く見られる「紺色」と「グレー」
周りの人に与える印象には、大きな違いがあります。

 

私は、夜9時から、NHK、テレビ朝日、TBS と
ニュースのはしごをすることが多いのですが
男性のメインキャスターは「紺色」のスーツを着ていることが多いですね。

 

そして

 

他の出演者とのバランスをみて
敢えて「グレー」を着る日も。

 

どちらも、印象を考えてのことだと思います。

 

「紺」と「グレー」の「色の持つイメージ」について
以下ご参照くださいね。

 

 

◇「紺色」は、「青」に「黒」を混ぜた色

両方を足したイメージや心理的効果につながります。

 

「青」のイメージ・意味は
「冷静・誠実・知性・自律 ・集中 / 自己抑制・悲しみ・孤独」など。

「黒」のイメージ・意味は
「高級感・都会的・意志の強さ・プロフェッショナル / 沈黙・重苦しい・威圧的」など。

 

これらを足した「紺色」を身につけると

「理知的な人」「知識を持ち、信用できる人。誠実な人」
「品格があり、落ち着いている人」「育ちの良さそうな人」

という印象を周りの人に与えます。

 

一方、「青の冷静」と「黒の沈黙」を足した色なので

「堅い人、厳格な人、気軽に話しかけにくい人」

という印象を与えることもあります。

 

「紺色」を身につける時には、場面によって

「赤、ピンク、黄色、オレンジ、ベージュ」「白」「シルバー」などの色を

小物でプラスすると良いですね。

 

「グレー」はどうでしょうか?

 

「グレー」が持つイメージには

「落ち着き・控えめ・ニュートラル・柔軟・中立・大人っぽい・都会的・シック」など。

そして「あいまい・地味・不安・迷い・気力が無い」などがあります。

 

プラスに働くと

「落ち着いた印象を与える」「敵をつくらない。目立たない」
「考え方においても片寄りがない印象を与える」
「会社組織や社会の中で、相手の意見を柔軟に取り入れられる心理的効果」

などのメリットがあります。

 

でも、マイナスに働くと

「物足りなさ・煮え切らなさ・優柔不断さ」

を表してしまうこともあるのです。

 

グレーを身につける場合には

地味になりすぎないように「少し色みを感じさせるグレー」を選ぶ
「鮮やかな赤・オレンジ・緑」などと合わせる
素材を選んで華やかさをプラスするなど

工夫をすると良いですね。

 

また

「白」と「黒」の間に位置する「グレー」には

「明るさ」の段階が無数にありますので

自分に合う明るさのグレーを選びましょう。

 

◇ 比較すると「グレー」よりも「紺色」の方が若々しい印象を与えます。

 

「グレー」は、落ち着いた印象になりますが、年齢が上に見えることもあります。

 

◇ 配色は?

 

男性なら、ネクタイ・ポケットチーフやシャツ

女性なら、シャツなどインナーや、アクセサリーで

「配色にコントラストをつける」と、活発な印象になります。

 

◇ 人数が多い場面では?

 

多くの人が「濃紺」や「黒」のスーツを着用している場合に
「明るめのグレー」を着ていると、かえって注目されることもあります。

 

◇ 他の方とのバランスもありますね。
大切な場所では、事前に、他の方の服装が分かると良いと思います。

 

前述しましたが
ニュース番組キャスターの洋服の色を見ていると
その人の役割や演出したい印象を想像できたりもして
興味深いです。
他の出演者との関係性も考えられていますよね。

 

シーンによって使い分けることで
色を「快適な時間・楽しい時間」をつくりだすサポートにしてください。

 

そして、パーソナルカラー(似合う色)の話。

 

 

「パーソナルカラー」とは
「肌・目・髪の色など、あなた自身の色」と調和し
あなたを引き立て弱点をカバーし
美しさや好印象を導き出してくれる「色のグループ」

 

「あなたは赤が似合う」「あなたは青が似合う」という風に
似合う主な色名を限定するものではなく
「赤の中でもあなたの魅力を引き出してくれる赤」
「青の中でも、あなたを美しく演出してくれる青」
を選ぶ診断です。

 

主に

色相(色み)

たとえば、赤でも、イエローベース(黄み寄り)の朱赤か、 ブルーベース(青み寄り)のローズレッドか、等。

明度(明るさ)
清濁(澄んだ色か、濁りのある色 = グレーの混ざった色か)

 

「属性」をキーに、色を見ていきます。

 

(色には、「彩度(鮮やかさ)」という属性もありますが、他の属性と重なると見分けにくいので
特に上記の3点に注目してくださいね。)

 

色を以下の4種類(4シーズン)に分けてみましょう。

 

◇ 春 : イエローベース(黄み寄り)で、明るく、クリアな色

 

◇ 秋:イエローベース(黄み寄り)で、深い、濁りのある色

 

◇ 夏:ブルーベース(青み寄り)で、明るく、濁りのある色

 

◇ 冬:ブルーベース(青み寄り)で、明るい、または暗い、クリアな色

 

・イエローベースの色が似合う「春 スプリング」「秋 オータム」の方は
黄み寄りの色が肌にツヤを感じさせ、健康的にみせます。
青み寄りの色だと、顔がグレイッシュに見えたり、淋しく見えたりします。

 

・ブルーベースの色が似合う「夏 サマー」「冬 ウィンター」の方は
青み寄りの色を顔の周りに持ってくると、肌の色が白く、キレイに見えます。
黄み寄りの色だと、肌がくすんで見えたり、のぼせているように見えたりします。

 

■ クリアな色」は、肌にツヤを与え、顔のパーツや線の色をくっきり見せます。

 

「紺色」と「グレー」で比較すると

紺色の方が、顔のパーツや線の色を「くっきり」見せます。

 

■ 「暗い色」は、顔の輪郭をシャープに見せますが

シワやシミ、ほうれい線も目立ちやすくなります。

 

 「濁りのある色」は、肌の色を均一に、なめらかに見せます。

 

「紺色」と「グレー」で比べると

グレーの方が、肌を、なめらかに見せます。

 

 

「紺色」「グレー」「ベージュ」「茶色」などのベーシック・カラーにも
あなたの顔を引き立てる色とそうでない色があります。

 

ご自分の色と調和する色みを選んで、活用してくださいね。

 

あなたに似合う紺とグレー「色の違い」を見る

 

パーソナルカラー「ケネディ大統領のエピソード」コラムを読む

 

「紺と黒の印象の違い」コラムを読む

 

「ベーシック・カラー」も、自分を引き立てる色を選んで。

色のチカラで、内側からも外側からも輝いていてくださいね。

 

今日も素敵な一日を。

 

< 尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(タイトル&文中写真に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、トミヤママチコ著『はじめてのパーソナルカラー』『役に立つパーソナルカラー』学研、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』講談社、佐々木仁美監修『色の心理学』えい出版社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ベーシックカラーの紺とグレー。印象に大きな違いがあるんです。色彩心理の効果

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop