虹色のイメージは、夢・希望・幸運・万感の思い。心の転換期。色彩心理のはなし

2015.12.11 (金)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

「虹色」は「転機」を表すことがあります。

 

 

虹の七色。

 

雨上がりに「虹」を見ると

 

「あぁ!幸せ」「今日はツイてる!」「良いことありそう」

 

そんな風に思いませんか?

 

「虹」の中には、人間の視覚が捉えることのできる色相の「幅」ほぼすべて。

つまり「赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫」が並んでいます。

 

「すべてが有る」

 

今日は「虹色」についての話です。

 

「虹色」のイメージは、夢・希望・幸運・万感の思い。

 

虹は、雨上がりに、光が射した時に現れますね。
虹色は「夢・希望・幸運」
などのイメージとつながります。

 

また、子ども・・・大人も。
「描く絵の中に虹が表れるとき」は
心理的な「転機」であることがあります。

 

色は、体験・記憶、イメージと結びつきやすく
人はそれぞれの色に意味を感じています。

 

人が、ある色に惹きつけられるいちばん大きな理由は

その色が、気持ちにマッチしているから。

 

色は、感情とつながっています。

 

そして、すべての色を含んでいる「虹色」は
いわば、すべての感情を刺激
することになるのです。

 

「多色」の表現が表すものは?

 

転機-3-3

 

色彩心理の「ぬり絵」セッションやワークショップでの1枚目。

 

「今の自分」を色で表現してもらうことが多いのですが、
全体を同系色で塗ったり、類似色で塗ったり。

 

暖色と寒色を交互に塗ったり。

 

または、虹のように多色で表現したり。

 

同じモチーフを使っても、多様な色彩表現をみることができます。

 

「多色表現」

 

「ひとりの中のさまざまな思い」
「周囲との関係性」などを表すことがあります。

 

「ひとつの色をひとつの感情」と捉えるならば、
配色表現はさまざまな感情」と捉えることもできるんです。

 

たくさんの選択肢があり、決めかねていたり
気持ちが散漫になっているときに
多色に惹かれることもあります。

 

色相環-3-2

 

色相環※の上での色と色の位置関係から、心理を見ていきましょう。

 

< ※色相環(しきそうかん)= 赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫と変化する光の色の両端をつないで、全ての色相が連続して変化して見える環 >

 

☆ 反対の配色

 

・人との関係性 : 相反する色と色との組み合わせは「躍動感や大胆さ」を感じさせます。お互いを引き立て合うこともあれば、対立することもあるかもしれません。

 

・ひとりの感情 : 相反する感情が、混在していると見ることもできます。

 

☆ 類似の配色

 

・人との関係性 :似ている色同士の配色は、穏やかさや協調性を感じさせます。

 

・ひとりの感情 :葛藤や矛盾が少ない、調和的な心理状態とみることもできます。

 

☆ 同系の配色

 

・人との関係性 : 一体感や同調する気持ちを感じさせます。

 

・ひとりの感情 :その色の世界に深く入り込んだ状態、とみることもできます。

 

「虹色」はすべての感情を刺激します。

 

多色表現の中でも特に
絵画表現の中に「虹」が表れる場合。

 

 

「虹」の中には、人間の視覚が捉えることのできる色相の「幅」ほぼ、すべて。

「赤・橙・黄・緑・青・藍・青紫」が並んでいます。

 

「すべてが有る」ということ。

 

「虹色」は

「夢・希望・幸運」「コミュニケーション」

などのイメージとつながりやすく

 

また「描く絵の中に表れる」時には

「ココロの転換期」を表すこともあります。

「万感の思い」とつながることもあります。

 

それぞれの色は、人のさまざまな感情とつながっています

 

「虹色」は、全ての感情を刺激する

 

それで
これまで味わったさまざまな感情やイメージが

あふれてくるのですね。

 

さまざまな思いを統合して、次に進んでいく。

 

これまでは「ひとつの感情」にとらわれていた。
そこから解放されて、感情の幅が拡がっている

 

これからの自分に
「無限の可能性」を感じている。

 

もっと、自分の内側にある

様々な感情を表現していきたい

 

そんなココロの広がりにも繋がっています。

 

さまざまな色を取り入れていきましょう。

 

 

もしも、あなたが

これまで「ひとつの感情」にとらわれていたとしたら

自分の洋服や身近にある色の数も

ごく限られていたかもしれません。

 

自分のココロに無理のない範囲で。

少しずつ、身近に取り入れる色を増やしていくことで

自分が気づいていなかった、自分の気持ちや可能性を引き出し

外に向かって表現できるようになります。

 

「一度に、たくさんの色を同時に取り入れる」ということではなく

場面によって様々な色を使って

ぜひ、色に慣れていってくださいね

 

あなたは「虹色」を見ると、どんな気持ちになりますか?

 

「色」を通して

あなたのココロの声を聴いてみてください。

 

あなたの中のさまざまな感情を大切に。

 

今日も素敵な一日を。

 

「動画」で解説しています。ぜひ、ご覧ください!

 

【私色のつばさチャンネル】にて、動画で「虹色」の解説を行っていますので、是非こちらもご覧ください。

引用元:虹色 ~ 色とココロのコンシェルジュ 佑貴つばさ

 

< 尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(タイトル写真&文中に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、蒼生監修『色彩学校本科 色彩心理・基礎』テキスト、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

文中に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 虹色のイメージは、夢・希望・幸運・万感の思い。心の転換期。色彩心理のはなし

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop