色彩心理。白は「無」であると同時に「すべてを含んでいる色」

2016.03.01 (火)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

「白」は、すべての色の光を反射することで見える色。

 

 

数日前、丸ノ内線の車内で見つけた、雑誌の中吊り広告

 

さわやかリッチでいい人・・・それだけじゃ物足りない諸兄に朗報!オヤジの『白』は不良(ワル)の色

 

主婦と生活社 LEON 4月号のメイン記事のタイトルです。気になったので、さっそく WEB サイトを覗いてみました。

 

【味わい深いシワの刻まれた顔が白を着るからこそ ただのさわやかに終わらないこと・・・。着る人の内面を映し出してしまう白だからこそ オヤジにとっては色気や余裕を醸し出せること・・・。

そんな、これまでほとんど語られてこなかった白の効能をお伝えするとともに オヤジであることのアドバンテージを改めて感じていただければと思う次第。

そう、白は黒同様、不良なオヤジにこその色なのです。(『LEON レオン オフィシャル Web サイト』より引用)】

 

「着る人の内面を映し出してしまう白」。男性にも女性にも、当てはまる感じがします。

 

White-22

 

White-21

 

そして、「白」の無限の可能性を、感じさせる文章でもありますね。

 

色は、物体が、特定の波長の光を反射するコトによって見えます。

赤いリンゴは赤の波長の光を反射、黄色いレモンは黄色の波長の光を反射するので、それぞれの色に見えます。

 

そして、「白」は、すべての色の光を反射することで見える色

 

「無の色」であると同時に、「すべてを含んでいる色」とも言えるんです。

 

潔くもあり。無垢でもあり。強くもあり。繊細でもあり。

 

「白」を自分らしく、素敵に着こなしたいですね。

 

「白」の持つイメージは?

 

 

「白」が持つ一般的なイメージは、ポジティブなものに、「純粋・無垢・清潔・爽やか・明るい・新しい・心機一転・リセット・スタート・潔い・決意・再生・理想・神聖」など。

また、ネガティブなものに「緊張・冷たい・別れ・空虚」などがあります。

 

「純白」に人は憧れを持ち、真っ白な状態を汚したくない感覚が、人の気持ちに緊張感を与えるという側面もあります。

 

「白」を身につけると、「明るく爽やかな気分になれたり、気持ちの切り替えができたり、前に進む気持ちになれたり」します。周りの人にも、「明るく純粋な人・自分に厳しい人・正義感の強い人」という印象を周囲の人に与えます。

 

但し、緊張感を与える色でもあります。
「もう少し穏やかな印象を持ってもらいたい時」には、オフホワイトなど、柔らかい白」を選んでください。TPO で使い分けてくださいね。

 

本人の気持ちが少し落ちている時にも、「真っ白」が強すぎると感じることがあります。「白」の強さ・潔さに、負けてしまうんですね。そんな時には、無理をしないで、心が惹かれる色を選び、少し気持ちが上向きになってから取り入れてくださいね。

 

時には、あなたの個性を「白」で表現してみてください。

 

色を楽しみながら。今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には、必ず、ポジティブな側面ネガティブな側面があります。また、色彩とどのようにつきあってきたか、個人的な経験によって、同じ色にも多様な意味があります。「良い色」「悪い色」というのは、ありません。>

 

(タイトル写真&文中に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』講談社、『LEON レオン オフィシャル Web サイト』)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理カウンセラー

 

塗り絵をつかって「色で、自己分析」

 

【自分の気持ちを確認して前に進みたい方へ「色彩心理」自己分析ワークショップ】

 

会社で「自分らしさ」を発揮できず、楽しくない・・・
これからどうしようか迷っている、働く大人の独身女性へ。
自分とじっくり向き合う時間を持ちませんか?

色は、体験・記憶のイメージと繋がっていて、惹かれる色は「深層心理のもうひとつの言葉」。

 

あなたなら「最近の自分」を何色に塗りますか?

 

 

「塗り絵」に表れたあなたの本当の気持ちを「通訳」しながらお伝えします。
あなたのココロを「一緒に読み解いて」いきましょう。
色彩から「あなたの答え」を見つけて、一歩踏み出しませんか?

 

色彩心理をベースとしたワークショップ・セッションで、働く女性を応援しています。

 

「色を通して自分と向き合う」
詳細はこちら »

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 色彩心理。白は「無」であると同時に「すべてを含んでいる色」

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop