日傘の色は、内側が黒いものを選びましょう。

2019.04.27 (土)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

5月の紫外線量は、真夏の80~90%くらいあります。

 

 

ゴールデンウィーク
いかがお過ごしですか?

 

この時期、紫外線量はとても高いそうです。
5月は8月の紫外線量の80~90%もあるとのこと。

 

紫外線からお肌を守るため、日傘を持ち歩くようにしましょう。
女性用だけでなく、男性用に大きめの日傘も販売されていますね。

 

女性用も男性用も

日傘は「内側が黒いもの」を選ぶと効果的です。

 

日傘は内側の色が黒いもの、外側は素材を重視しましょう。

 

 

< 日傘の内側の色について >

 

アスファルトの地面からの照り返しを考えて、内側の色は、白では無く「黒が効果的」です。

 

その理由は、「白」は、光を反射するために見える色、 「黒」は、光を吸収するために見える色だからです。

 

「内側が白い」
地面からの照り返しを、日傘の内側が「また反射」してしまい
顔や身体に太陽光が当たってしまいます。

「内側が黒い」
地面からの照り返しを、日傘の内側が「吸収」してくれますので
顔や身体に太陽光が当たりにくくなります。

 

日差し-1

 

< 日傘の外側の色について >

 

外側が「白」だと、光を反射するのですが
それでも反射しきれない紫外線が、日傘を透過して、顔に当たってしまいます。

 

外側が「黒」だと、紫外線を吸収してくれますが、こちらも100%ではありません。

 

比較すると「黒」の方が、紫外線を防止する効果は高いと言われています。

 

ただ「黒」は、熱を吸収してしまうため、暑さを感じさせる、という欠点もあります。

 

外側については、素材を重視

 

UV 加工がされている日傘を選んでください。
タグに「 % 紫外線カット」などと表示がありますので、参考になさってくださいね。

 

また、UV 効果も長く使用していると薄れていきますので
同じ UV 加工日傘を長く使用している場合には、注意してくださいね。

 

そして、厚手の生地の方が、紫外線カット率は高くなるようです。

 

それでも、日傘で防げる紫外線は、全体の半分ほど。

 

あらゆる方向から紫外線に当たってしまいますので
日傘だけで全てを防止するのは難しいようです。

 

日焼け止めクリームなども併用して
しっかり紫外線対策してください。

 

大切なお肌を紫外線から守りながら
ゴールデンウィークも楽しんで下さいね。

 

今日も素敵な一日を。

 

(参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、ビジネスカラー研究会編著『使える!色彩学』洋泉社、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)

「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

文中に使用したぬり絵図柄 : © T.Suenaga, T.Sawada, HEART & COLOR CO.,LTD. 1992

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 日傘の色は、内側が黒いものを選びましょう。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop