惹かれる色と似合う色が異なる場合の活かし方 – 色彩心理とパーソナルカラー

2017.08.27 (日)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

パーソナルカラーにこだわり過ぎると、ココロの自由が制限されてしまいます。

 

48色ネオパステル

 

 

パーソナルカラー診断を受けたことはありますか?

 

「パーソナルカラー」は、
「肌・目・髪の色など、あなた自身の持っている色」と調和して、
美しさや好印象を導き出してくれる「色のグループ」のこと。
「場面によって演出したい自分」をつくり出してくれる「色のグループ」のことでもあります。

 

「色彩心理」のワークショップやセッションに来て下さるお客様の中にも、
もともと「色」に興味をお持ちの方が多くいらして、
「パーソナルカラー診断」を受けたことのある方も、多くいらっしゃいます。

 

似合う色を身に着けると、本当に、お顔の印象が変わります。
パーソナルカラーは「魅せたい自分」をつくってくれる色のグループで、
知っていると、コーディネートに迷いにくくなります。

 

ただ・・・

 

「似合うと言われた色」にこだわり過ぎて、
他の色を身近に取り入れることをやめてしまうケースも多く見かけます。
かく言う私も、以前そうでした。

 

その時々の「ココロが必要としている色」を遠ざけてしまうとしたら、
それは、とても、もったいないコト。
色を「自由に」使い、色を遊び、色を楽しむことで、心を解放し、可能性を広げることもできるんです。

 

「似合う色」と「心が惹かれる色」。
どちらも上手に、取り入れていかれたらいいですね。

 

今日は、「似合う色」と「心が惹かれる色」が異なる場合の活かし方の話です。

 

パーソナルカラーの話。

 

カラードレープ-2-2

 

「パーソナルカラー」は、
「肌・目・髪の色など、あなた自身の色」と調和し、美しさや好印象を導き出してくれる「色のグループ」。
場面によって、自分のつくりたいイメージに演出してくれる色でもあります。

 

主に、
「色相(色み)」たとえば、赤でも、黄み寄りの朱赤か、青み寄りのローズレッドか、等。
「明度(明るさ)の度合い」
「清濁(澄んだ色か、グレーの混ざった色か)」
「彩度(鮮やかさ)の度合い」

の「属性」をキーに色を見ていきます。

 

「パーソナルカラー分析・診断」は、本来、
「あなたは赤が似合う。」「あなたは青が似合う。」という風に、似合う色名を限定するものではありません。

 

「赤の中でもあなたの魅力を引き出してくれる赤」
「青の中でも、あなたを美しく演出してくれる青」
「ピンクの中でも、あなたの肌の色が一番キレイに見えるピンク」など、
似合う色の傾向(属性)を見つけ、似合う色のグループを選ぶ診断のコトを言います。

 

例えば「ピンク」の中でも、
「イエローベース」「サーモンピンク」や「コーラルピンク」なのか。
「ブルーベース」「フーシャピンク」や「鴇色(ときいろ)」なのか。
クリアな「ローズピンク」なのか、濁りのある「オールドローズ」なのか。
を選んでいく診断です。

 

 

 

(『色の名前 507』のページを写したもの)

 

 

いろいろな色を楽しみながら、色で自分をさらに活かしていくためのもの。

 

でも、かつて私にも、「似合う色」にこだわり過ぎて、自由に色を使えなかった時期があります。

 

「似合う色」と「惹かれる色」

 

 

20160807-2

 

パーソナルカラー診断

 

私は、20年ほど前に、たまたま見つけた書籍で「色彩心理」と出会いました。
それで「色彩心理」を学ぶために、3年ほど前「色彩学校」に入学、資格を取得しました。

 

でも実は「色彩学校」に通う10年ほど前に、
パーソナルカラーのスクールに通い、パーソナルカラーアドバイザーの資格を取得しました。
その時にはまだ、「色彩心理」について、深くは学んでいませんでした。

 

パーソナルカラーのスクールに入り、初めに受けた、自分自身のパーソナルカラー診断。
私のシーズンは「ウィンター(冬)」

 

「ブルーベース(青み寄り)」で「濁りの無いクリアな色」のグループが似合う。
「コントラストの強い配色」が似合う。
「真っ白」「黒」が似合う。
そして、ウィンターの色のグループ中でも、
特に「薄い紫」「薄い青」「薄いピンク」等が似合う、という診断でした。

 

診断を受けて似合う色がわかって以降。
もともと自分でも「ブルーベースの色」が好き。
そして「薄い紫・・・ラベンダー・ライラック」や「薄いピンク」「スカイブルー」が好きでしたので、
迷うコト無く、ウィンターのグループの色、
「ブルーベース(青み寄り)」で「濁りのない」「薄い・明るい」色を、積極的に取り入れるようになりました
洋服を買う時に、失敗も無くなったのは、良かったなぁ、と思いながら。

 

でもそれ以降、

自分に似合わないとされる「イエローベース(黄み寄り)」の色が、私の周りから、すっかり消えてしまいました。

 

洋服だけでなく、手帳や、ファイル、ペン、ノート、付箋まで。
また、気分転換に部屋に飾る、小さなブーケやポストカートまで。
全部「ブルーベース」の色。
黄み寄りの赤や、オレンジ・黄・黄緑・緑・茶色などの小物は、いっさい買わなくなってしまいました。

 

色は、体験・記憶のイメージと結びついてます。
人は、無意識に、ひとつひとつの色に意味を持たせていて、
「惹かれる色」は、しばしば、心の奥にある思いを表します
自分の心を代弁してくれたり、心を支えてくれたりします。

 

誕生-1-2

 

人の感情って「ひとつ」では無いです。
いろいろな感情が混ざり合っていて、いろいろな側面がありますよね。
いろいろな可能性を秘めている。
環境によっても、状況・時期によっても、年齢によっても。
いろいろな自分が出てきて良いんですよね。

 

子どものときからずっと「好きな色」もあるけれど、
その時々で変わってくる「好きな色・惹かれる色」もある。

 

惹かれる色に気づき、身近に取り入れることは、
その時々の「自分のココロの表現」になるので、実は、とても大切なんです。

 

「本当は惹かれている色」を封印してしまうと、
「素の自分(内側・ホンネ)」と「見せている自分(外側・タテマエ)」に「違和感」を持ってしまうことがあります。
ギャップができて、それが、ストレスになってしまうことがあるのです。

 

「惹かれる色」と「似合う色」の活かし方。

 

わたしはピカソ-13-3

 

「パーソナルカラー」を知って、「ベース」を合わせて洋服を揃えて買っておくと、
コーディネートに失敗が少なくなります
でも「それ以外は絶対ダメ!」ということではありません。

 

自分の似合うシーズンと異なる色に惹かれる場合には、

 

・肌・目・髪の色と調和する色は、顔のそばに持ってきて、そうではない色は、顔から離れたボトムに使う。
・革小物に取り入れる。
・仕事ではパーソナルカラーを取り入れて、休みの日には、惹かれる色を身に着ける。
・部屋着は好きな色にする。
・部屋の中に飾る小物・インテリアを惹かれる色にする。

 

など工夫して、取り入れてみてください。

 

また、「パーソナルカラー診断」は、本来、
「あなたは赤が似合う。」「あなたは青が似合う。」
という風に、似合う「色名」を限定するものではなく
似合う色の傾向(属性)を見つけ、似合う色のグループを選ぶ診断のコト。

 

なので、” 「青が似合う」って言われたけれど「赤」が着たい! ”
そんな場合には、「赤」の中で、「自分に似合う属性の赤」を選ぶこともできるんです。
似合う色を、狭い範囲で限定してしまわなくても大丈夫です。

 

また「美しさや好印象を引き出す」だけでなく、
「自分を演出したい」ときにも、色を活用することができるので、
「似合う色」だけではなく、「魅せたい自分の印象」に合わせて、色彩心理・色のイメージを活用してみてください。

 

いつも身に着けなかった「色」を取り入れることが刺激になって、
新たな自分を発見できるかもしれません。

 

佑貴つばさ-色鉛筆-2-Copyright レゼル・ド・マクルール

 

色は、本来「自分の可能性を広げてくれるもの」です。
いろいろな色を取り入れて。
色彩豊かな毎日を楽しんでくださいね。

 

色を楽しみながら、今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には、必ず、ポジティブな側面、ネガティブな側面があります。また、色彩とどのようにつきあってきたか、個人的な経験によって、同じ色にも多様な意味があります。「良い色」「悪い色」というのは、ありません。>

 

(タイトル写真 : パーソナルカラー研究所スタジオHOW 30色カラー見本帳(Spring) / 文中に使用した写真のドレープ(布) : パーソナルカラー研究所スタジオHOW オリジナルドレープ / 文中に使用した色見本 : 福田邦夫著『色の名前 507』主婦の友社 のページを写したもの / 文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、トミヤママチコ著『役に立つパーソナルカラー』学研パブリッシング)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理カウンセラー

 

色から「最近のあなた」がわかる!
無料診断はこちら >>

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)/

電子書籍 色とココロの教科書 Amazonで購入する

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 惹かれる色と似合う色が異なる場合の活かし方 – 色彩心理とパーソナルカラー

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • パーソナルカラー・ブランディング
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 50代の経営者の方へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop