似合う色探しは「顔うつり」と「色のイメージ」両方の視点から!

2019.12.02 (月)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

自分に似合う色は変わる

 

 

年齢が上がったり、環境が変わったり。

 

自分自身に変化があると
その自分に「似合う色」もまた、変わってきますよね。

 

「今の自分に似合う色を見つけたい」と思っていらっしゃる方は
けっこう多いのではないでしょうか?

 

「似合う色」を探す方法として
顔うつりの良い色を見つける
「パーソナルカラー診断」は、よく知られていますね。

 

「似合う色」を探すには

「顔うつり」に加えて
「色そのものの持つイメージ」がとても大切です。

 

今日は、似合う色の話です。

 

「顔うつりの良い色」を基準に選ぶパーソナルカラー

 

 

「パーソナルカラー」とは
肌・目・髪の色など
あなたの外見が持つ色と調和する色

 

洋服などに取り入れることで
美しさや好印象を導き出し
弱点をカバーしてくれる「色のグループ」のことです。

 

それらは
場面によって演出したい自分を
つくり出してくれる色でもあります。

 

「あなたは赤が似合う」「あなたは青が似合う」という風に
似合う色名を限定するものではなく

 

「赤の中でも、顔うつりが良く、魅力を引き出してくれる赤」
「青の中でも、顔うつりが良く、美しく演出してくれる青」など。

 

顔うつりの良い色の要素(属性)を持つ「色のグループ」を選ぶ診断です。

 

主に

 

◇色相(色み)(黄み寄りのイエローベースか、青み寄りのブルーベースか)
◇明度(明るさ)
◇清濁(クリアな色か、グレーの混ざった、クリアでない色か)

 

これら3つにプラスして

 

◇彩度(鮮やかさ)

 

の「色の属性」をキーに探していきます。

 

ただ、「色の鮮やかさの度合い」を見分けるのは、案外むずかしいので
主に、最初に挙げた3つの要素で、色を見ていくと良いでしょう。

 

パーソナルカラーのグループ分けで
いちばん多く用いられているのは

 

「フォーシーズン分類」と呼ばれるもの。

 

色を、そのイメージから
「春・夏・秋・冬」の4グループ(タイプ)に分け
その中のどのグループの色が
いちばん顔うつりが良いか、を選ぶもの。

 

ちなみに、それぞれのグループの色には
こんな特徴があります。

 

 

写真左から、春、秋、夏、冬のグループの色。

 

(上添写真:NPO 日本パーソナルカラー協会オリジナル『4シーズン 70色カラー見本帳』)

 

◇春

 

・グループの色全体のイメージ:可愛らしい、若々しい ほか
・イエローベース
・明るめ(高~中明度)
・清色(ツヤ)
・鮮やか(高~中彩度)

 

◇秋

 

・グループの色全体のイメージ:ゴージャス、シック ほか
・イエローベース
・暗め(中~低明度)
・濁色(マット)
・おだやか(中~低彩度)

 

◇夏

 

・グループの色全体のイメージ:エレガント、優しい ほか
・ブルーベース
・明るめ(高~中明度)
・濁色(マット)
・おだやか(中~低彩度)

 

◇冬

 

・グループの色全体のイメージ:スタイリッシュ、クール ほか
・ブルーベース
・明るさのコントラスト(高~低明度)
・清色(ツヤ)
・鮮やかさのコントラスト(高~低彩度)

 

「色そのものの持つイメージ」も、とても大事です

 

 

パーソナルカラー診断で
顔うつりのいい色のグループが分かったとして。

 

「自分自身をどう魅せたいのか」を考えたら
顔うつりのいい色のグループの中から
「何色を選ぶのか」

も大切な要素になりますよね。

 

たとえば
可愛らしく、若々しいイメージの
「春」のグループの色が似合うとわかったとき。

 

そのグループの色の中でも

 

「赤」を選ぶのか、「黄色」を選ぶのか。
「緑」を選ぶのか、「青」を選ぶのか。

 

で、印象は、大きく変わります。

 

「顔うつり」も、人の印象に大きく作用しますが
同じくらいに大事な「色そのもののイメージ」
ぜひ、意識するようにしてくださいね。

 

色の持つ一般的なイメージや意味の一部ですが
次にご紹介します。

 

「色」の持つ一般的なイメージ・意味

 

 

「色」の持つ一般的なイメージ・意味の一部をご紹介します。

 

<有彩色>

 

「赤」 : 活動的・自信・情熱・存在感 / 怒り・自己主張
「オレンジ」 : 冒険心・陽気・活発・社交的 / 落ち着きがない・自己アピール
「黄」 : 希望・好奇心・意欲的・感覚の冴え / 甘え・寂しさ
「黄緑」:フレッシュ・希望・向上心・柔軟 / 心身の消耗・未熟
「緑」 : バランス・安らぎ・平和・健康 / 心身の消耗・保守的
「ターコイズ(緑みの青)」:自分のペース・楽しむ心・独立心・創造性 / ペースの乱れ・孤独
「青」 : 冷静・知性・集中・信頼 / 自己抑制・悲しみ
「紫」 : 癒し・再生・高貴・成熟 / 葛藤・疲労感
「ピンク」 : 幸福感・優しさ・ときめき・恋愛 / 依存・優柔不断
「マゼンタ(赤紫)」 : 愛情・女性性・成熟・華やかさ/ プライド / 自己アピール
「空色・水色」 : 解放感・希望・自然体・オープンマインド / 窮屈に感じている
「紺色」 : 誠実・真面目・品格・沈静/ 抑制・緊張感
「ベージュ」 : リラックス・ナチュラル・ぬくもり・安心感 / 無難・退屈
「茶」 : 充実感・安定感・安心感・堅実 / ストレス・保守的

 

<無彩色>

・「白」 : スタート・リセット・決意・純粋 / 緊張・完璧主義
「グレイ」 : ニュートラル・柔軟・控えめ・落ち着き / 迷い・気力がない
「黒」 : 自己確立・強い意志・威厳・プロフェッショナル / 抑圧・人と距離を置きたい

 

など。

 

「惹かれる色」「好きな色」も、自分に必要な色

 

 

大切な人に会うとき、大勢の人の前に立つときなどに

自分を魅せる色、自分の印象を上げる色
「似合う色」を身につけることで
自信を持つことができます。

 

一方

 

「自分の心が惹かれる色」
身に着けたり、身近に置いたりすることは
自分を癒したり、元気づけたりすることにつながります。

 

今「惹かれている色」は
今の自分の心を投影する色でもあるのです。
その色に、進む背中を押してもらえることもあるでしょう。

 

オフの日には
似合うのか、似合わないのか、を考え過ぎずに
ぜひ、「惹かれる色」「好きな色」を
身近に取り入れてください。
色を楽しみ、色からチカラをもらってくださいね。

 

色を、あなたの味方につけて。
今日も素敵な1日を。

 

 

アマゾンの掲載ページを見る

 

<尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません>

 

(文中色見本写真 : NPO 日本パーソナルカラー協会オリジナル『4シーズン 70色カラー見本帳』/ 参考文献 :『新はじめてのパーソナルカラー』トミヤママチコ著 学研パブリッシング、『心を元気にする色彩セラピー』末永蒼生著 PHP 研究所、『色彩心理のすべてがわかる本』山脇惠子著 ナツメ社、『なりたい自分になるための「色」の掟。』高坂美紀著 講談社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援お願いいたします。

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 似合う色探しは「顔うつり」と「色のイメージ」両方の視点から!

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop