2020年のスケジュール帳は、何色にしますか?

2019.12.07 (土)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

服や小物。身近にある色にも心を動かされています

 

 

今日は、新宿で用事を済ませたあと
新宿の百貨店内に入っている
文房具専門店の伊東屋さんを覗いたところ
レジに長い行列ができていました。

(また、日を改めて、ゆっくり見にいきます)

 

クリスマスカードや年賀状を選んだり
カレンダーを選んだり
また、来年のスケジュール帳を選んだり、のお客様が多かったようですね。

 

伊東屋、東急ハンズ、LOFT・・・

私は普段から、文房具店を覗くのが大好きなのですが
12月~1月、そして年度が変わる 3月~4月は
特に、とても混んでいますよね。

 

あなたは、2020 年のスケジュール帳や文房具など

もう準備しましたか?

 

4月始まりや10月始まりの
スケジュール帳を使ってる方もいらっしゃるかもしれません。

スケジュールは、スマホで管理している方もいらっしゃいますね。

 

また、スケジュール帳のカバーは、同じものを大切に使い続けて
中の紙の部分だけを
毎年入れ替えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

カバーごと買い替える場合も
中身だけを入れ替える場合も。

 

新しいスケジュール帳を準備するときは

新たな気持ちになれたり

次のシーズンへの期待感が湧いたりして

なんだかワクワクしませんか?

 

ところで

あなたのスケジュール帳や手帳、スマホカバーなど

身近な小物は何色ですか?

 

私は、2017年まで「紺色」の手帳カバーを使い

中身だけ入れ替えていましたが

2018年から「明るい赤紫色(濃い目のピンク色)」のカバーに変えました。

 

 

「紺色」から「赤紫系のピンク色」へ

 

「自分の感情を抑えず、ワクワクしたい、ときめきたい」

「次のステップへ進みたい」

 

そんな気持ちを反映して
この色を選んだのだなぁということを
去年の今頃、思い出していました。

その時の自分のコラムを読んで、今、また思い出しました。

 

この色をスケジュール帳のカバーに選び、使い始めた2018年。

スター講師誕生というイベントで、準優勝。
テレビ出演。
初めての商業出版(電子書籍&ペーパーバック版)。

 

多くのチャンスに恵まれ
素晴らしいことが、たくさん起きました。

 

今年 2019年も、中身だけ入れ替えて

この色のカバーを引き続き、使いました。

 

2019年も新たなチャレンジができた、充実した1年となりました。

「色彩学校」の提携クラスを開講。
2作目を商業出版し、書店で展開。

 

 

今の私には
「安定感」につながる暗い色よりも
「心が軽やか」になる明るめの色の方が
気持ちに合っているようです。

 

2020年のスケジュール帳は、何色にしますか?

 

 

あなたは、2020年、どんな自分でありたいですか?

 

あなたが毎日目にするスケジュール帳は、何色にしますか?

 

私は、もう1年
このカバーを使い続けようかなと思います。

 

ただ、新しい色の刺激も欲しいところなので
スマホカバーの色を変える予定です。

 

自分のペースで楽しめる、創造性につながる

「ターコイズブルー」にしようかな? と今は思っています。

 

そして

実際に、色を見て
「この色がいいな、きれいだな」と感じたら
その色に決めます。

 

スケジュール帳・手帳は、あなたのとても身近にあるもの。

 

毎日、何度も目にします。
そういう意味では、スマホカバーも同様ですね。

 

あなたの身近にあり

あなたが毎日、目にする物の色は

とても大事です。

 

色は、あなたの体験・記憶、イメージと結びついています。
人は、ひとつひとつの色に、自分にとっての「意味」も感じているのです。

 

色を見ることで色のイメージ効果」を取り入れ

「心に変化」をもたらすことができるんです。

 

また

身に着ける色で「自分を演出」することもできます。

 

「私はこんな風でありたい」
「変わりたい」

 

もしも

「こうありたい自分」のイメージがあるならば。

そのイメージにつながる「色」を

ぜひ、身近に取り入れてみてください。

 

人が色に持つ、一般的なイメージ・意味の一部を以下にお伝えします。

 

「ピンッ」とくる色

手帳やスマホカバー、メガネケースなど、身近な小物に選んでみてください。

 

ペンや小物のメタル部分の色に

「金色」を選ぶか「銀色」を選ぶかでもイメージが変わりますので

あわせて参考になさってくださいね。

 

各色の一般的なイメージ・意味です。

 

 

一般的なイメージ・意味(の一部ですが)ご紹介します。

 

<有彩色(ゆうさいしょく・色みを持つ色)>

 

「赤」 : 活動的・自信・情熱・存在感 / 怒り・自己主張
「オレンジ」 : 冒険心・陽気・活発・社交的 / 落ち着きがない・自己アピール
「黄」 : 希望・好奇心・意欲的・感覚の冴え / 甘え・寂しさ
「黄緑」:フレッシュ・希望・向上心・柔軟 / 心身の消耗・未熟
「緑」 : バランス・安らぎ・平和・健康 / 心身の消耗・保守的
「ターコイズ(緑みの青)」:自分のペース・楽しむ心・独立心・創造性 / ペースの乱れ・孤独
「青」 : 冷静・知性・集中・信頼 / 自己抑制・悲しみ
「紫」 : 癒し・再生・高貴・成熟 / 葛藤・疲労感
「ピンク」 : 幸福感・優しさ・ときめき・恋愛 / 依存・優柔不断
「マゼンタ(赤紫)」 : 愛情・成熟・華やかさ・次のステップ / プライド / 自己アピール
「空色・水色」 : 解放感・希望・自然体・オープンマインド / 窮屈に感じている
「紺色」 : 誠実・真面目・品格・沈静/ 抑制・緊張感
「ベージュ」 : リラックス・ナチュラル・ぬくもり・安心感 / 無難・退屈
「茶」 : 充実感・安定感・安心感・堅実 / ストレス・保守的

 

<無彩色(むさいしょく・色みを持たない色)>

 

・「白」 : スタート・リセット・決意・純粋 / 緊張・完璧主義
「グレイ」 : ニュートラル・柔軟・控えめ・落ち着き / 迷い・気力がない
「黒」 : 自己確立・強い意志・威厳・プロフェッショナル / 抑圧・人と距離を置きたい

 

<金・銀>

 

「金」:強さ・おおらかさ・成功 / 成金
「銀」:知性・上質・洗練 / 冷たさ

 

など。

 

いかがですか?

「こんな自分でありたいな」と感じる言葉はありましたか?

 

色を身近に取り入れることで

あなたの心に変化が起きます。

 

まだ、自分で気づいていない

自分の魅力や可能性を引き出すこともできます。

 

「こうありたい自分」へ向かっていかれるように
色のチカラに背中を押してもらいましょう。

 

「こうありたい自分」の色を、服に取り入れる方法は

『なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか』~人生が変わる色の魔法~

に書いております。拙著をご覧いただければ、幸いです。

 

『なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか』

 

 

このホームページで、本の詳細を見る

 

Amazon のページで詳細を見る

 

色を味方につけて。今日も素敵な一日を。

 

「動画」で解説しています。ぜひ、ご覧ください!

 

YouTube【私色のつばさチャンネル】にて、動画で「色で心が変わる、見た目が変わる」の解説を行っていますので、是非こちらもご覧ください。

引用元:色で心が変わる、見た目が変わる ~ 色とココロのコンシェルジュ 佑貴つばさ~

 

<尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません>

 

( 文中に使用したぬり絵柄:© T.Suenaga, HEART & COLOR CO.,LTD. / 参考文献 : 『心を元気にする色彩セラピー』末永蒼生著 PHP 研究所、『色彩心理のすべてがわかる本』山脇惠子著 ナツメ社、『なりたい自分になるための「色」の掟。』高坂美紀著 講談社、『使える!色彩学』ビジネスカラー研究会編著 洋泉社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)

「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

HPに使用しているぬり絵柄 : © T.Suenaga, HEART & COLOR CO.,LTD.

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 2020年のスケジュール帳は、何色にしますか?

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop