強い意志?プロフェッショナル?人と距離を置きたい?「黒」につながる心理は?

2021.04.03 (土)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

色彩心理のはなし。

 

前回から「無彩色(むさいしょく)」について
お話ししています。

 

「無彩色」の中で、今日は
「黒の心理」についてお伝えします。

 

いちばん暗い色「黒」につながる一般的なイメージは?

 

 

人が目にする色の中で
「いちばん暗い色」が「黒」です。

 

色の「明るさ」
色の「重さ」のイメージと深く関わっていて

 

明るい色ほど「軽く」感じさせ
暗い色ほど「重く」感じさせます。

 

同じ大きさ、同じ形、同じ素材の
さまざまな色のものがあったとき。

 

黒は、見た目に
「いちばん重たく感じさせる色」といえます。

 

「黒」につながる一般的なイメージや意味には
「自己確立・強い意志・プロフェッショナル・高級感・威厳」などがあります。

 

そして
「抑圧」「重苦しさ」などのイメージとつながったり
「悲しみ」「孤独」などの状態が投影されることもあります。

 

黒に惹かれるのは
「自己を確立したい」「強くありたい」と願うとき。

 

また
「感情をおさえ込んでいる」
「心が沈黙している」

 

「人と距離を置きたい」
「自分の心を守りたい」と感じているとき

 

そんなとき、黒に惹かれることもあります。

 

そして
「深い悲しみを抱えている」とき
「強い衝撃を受けた」とき
黒を選ぶこともあります。

 

「黒」を、こんな風に取り入れてみましょう!

 

 

「強い意志で自分を確立したい」ときには
ブレない自分を支えてくれる
黒を身近に取り入れると良いでしょう。

 

「プロフェッショナルでありたい、そう見せたい」と思うときにも
洋服や小物に選んでみてください。

 

ただし、黒は、強い色
「感情を抑圧する」イメージとも結びつきやすいですし

 

「人と心理的に距離を置いてしまう」という側面もあります。

 

 

黒って、とっても魅力的な色ですよね。

 

それで

「黒い服ばかり着ている」という方も
多いのではないでしょうか?

 

色は「感情」とつながっています。

 

ぜひ、黒だけではなく
他のさまざまな色も取り入れるようにしてみてください。

 

自分の心の中にある「さまざまな感情」に気づいたり
自分の中の「可能性」を発見するために。

 

そして
それを「表現する」ために。

 

いろいろな色にチャレンジして
「新しい自分」を見つけてくださいね。

 

「黒」はとても強い色

 

 

私は会社員時代、よく「黒い服」を着ていました。
「黒い服」が好きでしたし
周りにも「黒」を着ている女性はとても多かったです。

 

会社のイメージカラーのひとつでもありましたし
「プロ意識の現れ」で黒を着ていたのかもしれません。

 

あるいは、私自身は
「自分に威厳を持たせたかった」のかもしれません(笑)

 

ところが
「色彩心理の道に進もう」と決めてからは
私は、黒の洋服は選ばなくなりました。

 

起業して5年が過ぎていますが
今の私にとっても、黒は「重すぎる感じ」がして
あまり選ぶことはありません。

 

黒は、カッコ良く、プロフェッショナルに見え
「凛としたイメージ」のある色ですよね。
多くの方が「黒い服」を選ぶのもわかります。

 

ただ、黒はとても強い色。
決して「無難な色」ではありません。

 

「あえて、黒」を選んで、さっそうと、気高く
カッコよく着こなすのは
ほんとうに素敵だと思います。

 

けれど
「とりあえず、黒」を選んで、着ているのであれば

黒という色の「強さ」に
あなたの「個性」が隠れてしまっている かもしれません。

 

本来の「あなたらしさ」は「何色」でしょうか?

 

色は「習慣」になるので
慣れてしまうほど
ずっと黒い服ばかり着続けることになるかもしれません。

 

「とりあえず、無難だと思って、黒い服ばかり着ているなー」という方は

 

明るい色、鮮やかな色なども
気持ちや場面に合わせて
ぜひ、取り入れてみてください。
さまざまな色の刺激を自分に与えてあげてくださいね。

 

「黒」の持つポジティブな面、ネガティブな面や
色のイメージ効果について
もっと詳しく知りたい、という方は

 

 

著書『なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか』~人生が変わる色の魔法~
に書いておりますので
詳しくはこちらをご覧いただければ、嬉しいです。

「黒」につながる「あなただけの」意味は?

 

 

色には、必ず
「プラスの側面」と「マイナスの側面」があります。
ですから
「この色は良い色、この色は悪い色」という区別は、ありません。

 

また、色の持つイメージや意味には
「多くの人に共通する、一般的なもの」の他に
個人の体験・記憶とつながる
「あなただけの意味」もあります。

 

あなたは「黒」が好きですか?

 

あなたにとって黒は、どんな色でしょうか?
どんな「記憶」とつながっていますか?

 

この色は「自分にとって」どんな意味があるのか?
色を通して、心を深く見つめてみてくださいね。

 

色を味方につけて。今日も素敵な一日を。

 

「動画」で解説しています。ぜひ、ご覧ください!

 

YouTube【私色のつばさチャンネル】にて、動画で「黒の心理」の解説を行っていますので、是非こちらもご覧ください。

 

引用元:黒の心理 ~ 色とココロのコンシェルジュ 佑貴つばさ~

 

<尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません>

 

( 文中写真の書籍:『なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法』佑貴つばさ著 マキノ出版 / 参考文献 :『心を元気にする色彩セラピー』末永蒼生著 PHP 研究所、『なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法』佑貴つばさ著 マキノ出版、『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』佑貴つばさ著 ごきげんビジネス出版 )

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理カウンセラー

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 強い意志?プロフェッショナル?人と距離を置きたい?「黒」につながる心理は?

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop