アイラインの紺色と黒。かなり印象が違います。

2018.11.16 (金)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

先日、脱税が発覚した
中国の国民的女優 ファン・ビンビン さん

 

事件ではあるものの・・・
すごく綺麗で
テレビに映ったとき、思わず見入ってしまいました。

 

特に「目と眉に強さ」があって
注目してしまいました。

 

アイラインを
かなり太く、目尻側に長く描いていますね。

 

アイラインを太く描くと
「印象的になるなぁ」と改めて思い。

 

私も、最近、アイラインを
太めに、くっきり描くようになりました(笑)

 

そんな訳で、今日はアイラインの色」の話です。

 

アットコスメ の「ベストコスメアワード」で
大賞
を取ったアイライナー

 

 

(タイトル写真&上添写真1枚は、東急ハンズ新宿店 売場の方の了承を得て撮影。)

 

今年の6月から
「パーソナルカラー・ブランディング」
のお客様にもご紹介していた「アイライナー」

 

上添写真の
「dejavu(デジャヴュ)」
密着アイライナー「クリームペンシル」

 

リーズナブルな価格(税込 1,296円)ですが
太い線も細い線も、とても描きやすいです。
(回し者ではありません・笑)

 

やはり、売れているようです

 

@ cosme(アットコスメ) の「ベストコスメアワード」
「2018年上半期新作」で大賞を取ったそう

 

先週、東急ハンズに見に行ったら
新色が2色追加されて
全6色で展開されていました。

 

・リアルブラック
・モーブブラウン
・ダークブラウン
・ナチュラルネイビー
・カーキブラック(新色)
・ピュアブラウン(新色)

 

私は
「自分用」と「仕事用(パーソナルブランディング用)」の
お化粧品を分けています。

 

自分で試してみて
良かったものを、仕事用に購入することも多いです。

 

このアイライナーは
自分でも試してみて、使いやすかったので
初めに「リアルブラック」「モーブブラウン」
仕事用に購入しました。

 

新たに、自分で試してみて
「ナチュラルネイビー」もとても良かったので
仕事用に追加しました。

 

 

写真上から

 

・ナチュラルネイビー

・カーキブラック

・リアルブラック

・ダークブラウン

・モーブブラウン

 

今は

ピュアブラウンをのぞく、上の5色を
「パーソナルカラー・ブランディング用」に揃えています。

 

アイラインの色。
紺と黒で印象が大きく変わります。

 

このアイライナーの印象が
「カラーマップ」としてまとめられていました。

これは、分かりやすいですね。

 

(上添写真は、東急ハンズ新宿店 売場の方の了承を得て撮影)

 

この6色の中で
いちばん「クール」な印象になるのが
「ナチュラルネイビー(紺色)」です。

 

ネイビー(紺色)は
寒色系の色である「青」を暗くした色。

 

「黒」と「紺色」では
「そんなに差は出ないのかな?」と思っていたのですが

 

実際にラインを引いてみると
印象が大きく変わります。

 

いちばん「濃く」描けるのは
やはり「黒」なので
目を、ぱっちり見せたいときには「黒」

 

ファン・ビンビンさんも「黒」ですね。

 

「シャープな印象」

「クールな印象」に魅せたいとき

 

「ソフトな印象」

「フェミニンな印象」に魅せたいとき

 

アイライナーの色も
使い分けると良いと思います。

 

また

目尻側に少し長く引くときには
目尻側だけ「リキッドのアイライナー」を使う
形が整いやすいです。

 

 

試してみてくださいね。

 

アイメイクの時に注意すること。

 

目元はとてもデリケート。

アイメイクを楽しむ一方で

目に負担をかけないようにすることも大事ですね。

 

「アイライン」や「マスカラ」を
まぶたの内側の粘膜にまで塗るのは

「ドライアイの原因」になるようです。

 

避けた方が良いですね。

 

以下は
『花王ウェブサイト 花王ヘルスケアナビ』より引用

 

【「アイメイクとドライアイ」・・・。あまり関連がなさそうに感じるかもしれませんが、粘膜にまでほどこしたアイメイクでマイボーム腺が詰まると、涙が蒸発しやすくなってしまい、目が乾く原因になります。ドライアイ対策の方法を知って、目を健やかに保ちながら、メイクを楽しみましょう。(『花王ヘルスケアナビ』より引用)】

 

サイトのリンクを貼っておきますので
ご参照くださいね。

 

「しっかりアイメイクすると、目がショボショボする【原因と対策】」

 

『花王ウェブサイト 花王ヘルスケアナビ』を見る>>

 

秋から冬のオシャレへ

 

 

季節は、秋から冬へ。
クリスマスの飾り付けなど
街の色も、キラキラと華やかになりますね。

 

洋服の配色に「コントラスト」をつける。
コーディネートの色に「ゴールドやシルバー」を加えてみる。
リップの色を、少し「赤」に寄せて、華やかにする。

 

などの変化を加えて。
冬のオシャレを楽しんでくださいね。

 

目に負担をかけないようにしながら
ぜひ、メイクも楽しんでくださいね。

 

色彩を楽しんで。今日も素敵な1日を!

 

(参考資料 : 『花王ウェブサイト 花王ヘルスケアナビ』 / 写真の化粧品 : dejavu(デジャヴュ)「密着アイライナー クリームペンシル」、ケイト「スーパーシャープライナーEX」)

 

 

見た目もココロもアップする

 

「パーソナルカラー・ブランディング」詳細を見る>>

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援お願いいたします。

 

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: アイラインの紺色と黒。かなり印象が違います。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop