自分のこと、理解して欲しいですか? 「理解されること = 愛されること」ではありません。

2015.07.07 (火)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

自分のこと、理解して欲しいですか?

欲しいですよね。

でも、理解することと、愛することは、イコールではないのですね。

 

5月末から、色彩アートセラピストの資格を取得した「色彩学校」の新しい講座で、研修生として学ばせて頂いています。
月に2日のペースで10月末迄。

復習にもなりますし、講座もどんどん進化していますので、新しい刺激ももらえます。

 

6月終わりの講座中、主宰の末永先生がおっしゃった言葉が心に残りました。

「人を理解する」ということについて。

7月3日にコラムに書いた「ルネ・マグリット」の<人間の条件>を観たいと思ったきっかけも、先生のこの言葉でした。

 

「人は、独特の心の世界をそれぞれが持っているから、全部を理解しようと思っても、わかるはずがない」

「『理解してもらった』と思うのは「自分の都合の良いように、相手が考えてくれた時」

「『誤解された』と思うのは「自分の都合の良いように、相手が考えてくれなかった時」

「『理解されない = 愛されていない』ということではない」

「それぞれの『違い』を受け入れ、楽んで」

というもの。

 

「目からウロコが落ちた」感じがしました。

 

人は、人を見る時、事柄を見る時、自分を見る時でさえも

「自分のフィルター」を通して、自分を映して見ています。

 

だから、人や事柄を100%客観的に見ることはできないし

全部そのままを理解することはできない。

 

そういうものだ、と気がつけば、なんだか楽になりませんか?

 

相手のことを分かろうとする気持ちは大切。
でも、すべてを理解しあえなかったとしても、お互いに、無理に相手を説得しようとは思わず。
相手を無理やり理解しようと、心に入り込み過ぎることもせず。

 

ご縁を頂いたパートナー、家族、友人、周囲の人々と、同じ時間を共有し、時に心に寄り添い。
お互いの違いを尊重し、距離感も認めながら、心地よく居られれば、とても素敵なことではないでしょうか?

 

 

私も実は、最近、仕事のことで、相手に「分かって欲しい」と強く思う場面があり、「理解してもらえない」と悲しい気持ちになったことがありました。
でも、悲しむ必要はなかったのですね。

 

相手を理解したいと思うのは自然な気持ち。

でも理解できなくても、お互いの違いを尊重し、「理解できないことがある」のも楽しむ。

 

そして、「お互いが存在すること」に感謝できたら素敵ですね。

 

今日も素敵な一日を!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

(文中 & タイトル写真に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)

「色とココロのコンシェルジュ」(「色彩学校」認定 色彩アートセラピスト)

 

あなたの無限の可能性を「コロリアージュ~大人のぬり絵~」が気づかせてくれます。
色彩から自分を発見してみませんか?

 

色彩心理をベースとしたワークショップ・セッションで、働く女性を応援しています。

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分のこと、理解して欲しいですか? 「理解されること = 愛されること」ではありません。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop