「とっておき」を 取って置かない!毎日が 特別だから。

2019.02.12 (火)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

「ニュースレター」に書いたものですが
コラムでもご紹介させていただきます。
ぜひ、読んでくださいね。

 

「とっておき」は、誰のため?

 

 

私事ですが
先日、棚を整理していたら
7センチ四方の、赤い、ふた付きの箱が
2つ出てきました。

 

すっかり忘れていたのですが
中には、小さな置物が入っていました。

 

とても可愛らしいブタさんが2匹。
背中に生えた「大きな翼」を広げています。

 

色は「ピンク」と「オフホワイト」

 

ラインストーンが散りばめられ
キラキラきれい!
指輪など小物が入り、ふたが閉まります。

 

私は起業して、もうすぐ丸3年になりますが
起業する前に自分で買っておいたもの

 

とても気に入ったので
「いつか、ワークショップやセッションを
開けるようになったら、テーブルに飾ろう!」
と、2つも買っておいたのです。

 

けれど

 

あんなに気に入っていたのに
その存在を忘れていました!

 

そういえば

 

「いつか、こんな自分になったら使おう!」
「こんな部屋に住んだら飾ろう!」
「特別な日に着よう!」

 

と、大切にとっておいたまま
結局、何年も使わなかったものって
たくさんあるなぁ
と改めて思い返しました。

 

みなさんは、そんな経験はありませんか?

 

「特別な日」に使おう?

 

 

 

私は、こんな感じです。

 

「今より素敵な部屋に住んだら使おう!」
と買った「テーブルクロス」や「クッションカバー」

 

「特別なお客様のおもてなしに使おう!」
と揃えた「お皿」と「ワイングラス」

 

「今よりスタイルが良くなったら着よう!」
と買った「少しサイズが小さいワンピース」

 

でも

 

「特別な日」って、来ないし・・(笑)

 

それに

 

実際に「なりたい自分」になれたときには
好みが変わっていたり
別のモノを望んでいたりするんですよね。

 

さて

 

「とっておき」ばかりつくっていた
その時の自分を振り返ってみると

 

「今の自分は、まだまだ」
「今の自分は、本来の自分じゃない」
「もっと素敵な自分になったら使おう」

 

そんな気持ちが、心の奥にあった気がします。

 

「いちばん良い持ち物」をふだん使いにする。

 

 

2014年10月に刊行された本
『フランス人は10着しか服を持たない』

 

大ベストセラーになりましたね。

 

心に残ったいくつかの章の一つに
「いちばん良い持ち物をふだん使いにする」
というのがあります。

 

こんな例も書かれていました。

 

著者のアメリカ人女性が
それまで「穴の開いたスウェットパンツ」を
パジャマ代わりに来ていたけれど

 

パリのホームステイ先のマダムに叱られて
新しいパジャマを買う。

 

可愛くて
「パジャマとして作られたパジャマ」

 

そして、気づくのです。

 

「昼間や特別なときだけじゃなくて、
わたしにはいつだって
きれいな女性らしいものを身に着ける価値があるんだ
―自分のことをそんなふうに大事に思ったのは初めてだった」

(出典 : ジェニファー・L・スコット著『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣』大和書房)

 

「毎日が、特別な日」

 

 

現状に満足しないで
未来に「目標を持つ」のは
とても素敵なことです!

 

でも

 

将来「こうなりたい私」がいるなら
「いつかなる」のではなく

 

今、この瞬間から
自分を「その素敵な私」として扱ってあげる。

 

今、この瞬間から
「なりたい私」の気持ちになっていい。

 

「なりたい私」を先延ばしにするより
今の自分を「なりたい私」として、大切に扱う。

 

未来も大事だけど
今も、すごく大事です。

 

「毎日が、特別な日」

 

未来のために
「今は、幸せじゃなくていい」
なんてことは無い。

 

だから、今から
自分に「価値を与えてあげる」
認めてあげる。

 

そうすることで
さらに、さらに
素敵な、大切な「私」に
なっていくのですよね。

 

私も
今の自分を受け入れて
「最高の自分」として、扱ってあげよう!

 

綺麗な食器使おう!
クッションも使おう!

 

「とっておき」を取って置かずに
「好きなモノ」は
さっそく、今の自分に使おうと思います。

 

みなさんも、今日から
今の自分を「最高に大事に」
扱ってあげてくださいね。

 

■こちらのコラムもご参考に!

 

コラム「眠るときこそ、自分を大切に扱いましょう」

 

今日も素敵な1日を!

 

(タイトル&文中に使用したぬり絵柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献&文中写真 : ジェニファー・L・スコット著 神崎朗子訳『フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣』大和書房)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援お願いいたします。

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「とっておき」を 取って置かない!毎日が 特別だから。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop