惹かれる色の心理 「ピンク」は、ときめき?依存?【色彩でココロをチェック】

2016.07.13 (水)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

「惹かれる色」は、あなたの「深層心理のもうひとつの言葉」

 

最近、なぜか気になる色はありますか?

 
以前好きだった色と、今惹かれる色。同じですか?変わりましたか?

 
この頃なぜだか、この色にこだわってしまう。
今日もまた、同じ色の洋服を選んでしまった・・・
やっぱりこの色だと、しっくりくる。
以前は、あまり好きではなかった色なのに・・・

 

色は、体験・記憶、イメージと繋がっていて、惹かれる色はあなたの無意識の声
ココロからのメッセージです。

 
惹かれる色は、自分の意識では気づいてないココロの変化を教えてくれることがあります。

 
人がある色に惹きつけられる大きな理由は、その色がその時の気持ちにマッチしているから。
その時の自分のココロとカラダに必要な色を、無意識に選んでいます。

 
その色のイメージに自分が包まれている時に「自分の気持ちを語ってくれる色」に惹かれることもあれば、
「その色のイメージを求めている時」に、惹かれることもあります。

 
惹かれる色-ピンク-1

 
惹かれる色で、あなたのココロをチェックしてみてくださいね。

 
今日は「ピンク」色の話です。
 

「ピンク」に惹かれるときは、どんな心理なのでしょうか?

 

やさしい気持ち-1-2

 
「淡いピンク色」には、人の気持ちを優しくするチカラがあります。

 
「ピンク色の効果でケンカが減った」事例があります。

 
場所は、アメリカの刑務所。
壁を「淡いピンク色」に塗り替えたところ、暴力行為や攻撃的な行為の発生が激減した、という記録があります。
それから、世界中の何百と言う刑務所で、壁にピンク色が採用されているそう。
すごいエピソードですね。

 

「ピンク」が持つ一般的なイメージ・意味の中で

 

ポジティブなものは、
「幸福感・愛・恋・優しさ・安らぎ・解放感・ときめき・甘い・女性らしい・ロマンティック」などがあります。

 
ネガティブなものには、
「依存・優柔不断・甘え・子供っぽい・自己犠牲」などがあります。

 

「ピンク」を身につけると、なごやかで幸せな気持ちになれます。
「血行がよくなり美肌効果がある。若返りのホルモンを活発にする」とも言われています。

 

「ピンク」色に惹かれるのは、どんな気持ちの時でしょう?

 
「幸せな気持ちに包まれている時」

「優しい気持ちでいる時」

「安らいでいる時」

 
「恋愛をしている時、したい時」

「ときめいている時」

 

そして
 
「優しさが欲しい時、誰かに甘えたい時」
「現実逃避したい時」

 
に惹かれることもあります。

 

最近「ピンク」に惹かれる方。
気になるキーワードはありましたか?

 

 

「惹かれる色・気になる色」が変わったときは、心に変化があったというコト。

 

Pink-1-2

 

以前、好きだった色と、最近気になる色が変わった方。
ココロに変化があったのかもしれません。

 

以前は「黒・グレイ・白」など、無彩色が好きだったけれど、
最近、ピンク色が気になる方。

 

今、恋をしていませんか? または、恋をしたい気持ち?
「気持ちが、開放的に、軽やかに」なっているのかもしれません。

 

以前は、絵の具そのまま色のような「鮮やかな色」が好きだったけれど、
最近「淡いピンク色」に惹かれる方。

 

「安らいでいて、幸福な気持ち」なのかもしれません。

 

または・・・

 

「誰かに甘えたい。頼りたい。」
「ちょっと疲れてしまって、現実から離れたい。」のかも・・・

 

何か、思い当たるコトがありますか?

 

時には、身近に「ピンク色」を取り入れて。
自分自身も、そして周りの方も「幸せ」にしてあげてくださいね。

 

色で、あなたの気持ちを見つめてみてください。

 

色鉛筆-ピンク-1

 

あなたの気持ちを大切に。今日も素敵な一日を。

 

 

「動画」で解説しています。ぜひ、ご覧ください!

 

YouTube【私色のつばさチャンネル】にて、動画で「ピンクの心理」の解説を行っていますので、是非こちらもご覧ください。

 

引用元:明るい色・暗い色&ピンクの心理 ~ 色とココロのコンシェルジュ 佑貴つばさ~

 

<尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(文中に使用したぬり絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社、花岡ふみよ著『なりたい自分になれるカラーとスタイルの法則』エムディエヌコーポレーション、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』講談社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 惹かれる色の心理 「ピンク」は、ときめき?依存?【色彩でココロをチェック】

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop