佑貴つばさのカラフル・コーディネート日記 2018

2018.12.22 (土)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

今年「着た色」をまとめてみました!

 

 

 

 

「今年着ていた洋服の色」をまとめてみました!
各項に「色のイメージ・意味」の一部一緒に載せてあります。
「色を取り入れる時」の参考にしていただければ、と思います。

 

◇◆◇

 

私は、一昨年まで
「赤・オレンジ・黄色」など、暖色系の色
全くと言っていいほど
洋服に取り入れていませんでした。

 

・理由のひとつは
私のパーソナルカラーが「Winter」なので
「ブルーベース」「清色(濁りの無い色)」にこだわっていたから。

 

・もうひとつの理由は
「外向的」な色が、気持ちに合わなかったから。
また、寒色系の色に慣れていて
「暖色系は気持ちに合わない」と思い込んでいたから
とも言えます。

 

でも、今年は様々な色を身近に取り入れています。

 

 

パーソナルカラー診断で「顔映りの基本」を押さえ
それを活かしつつも

 

ココロが必要とする色を
「もっと自由に」取り入れたいですね。

 

以下の 17項目にまとめてみました!

 

◇◆◇

 

1) マゼンタ(赤紫) 2) ライラック(明るい紫)

3) 赤 4) ボルドー

5) オレンジ 6)黄色 7) 黄緑 8) 緑

9) ピーコックグリーン&ターコイズ(青緑)

10) 水色 11) 青 12) ロイヤルブルー 13) 紫

14) ベージュ&キャメル

15) 白&アイスグレイ 16) グレイ 17) 黒

 

◇◆◇

 

 

「黒い洋服」は選ばなくなりました。
「重たくて」今の気持ちには合わないから。

 

◇◆◇

 

Facebook に、個人アカウントで投稿している「自撮写真」なので
「カッコよくポーズを取ったり」はしていませんが・・・
大目に見てくださいませ。
来年は、ちゃんとポーズを決めて写真を撮ります!

 

 

◇◆◇

 

会社員時代には
買い物でストレスを発散していた時期があり
その頃は、ほんとうに「山ほどの洋服」を買っていました。

 

今は「気に入ったもの」を選んで買うようにしています。
(当たり前かな・笑)
そんなに沢山の枚数は買いません。

 

ただ、すごく気に入ったものは
「色違い」で買うこともあります。

 

 

 

大人は「安いものを3枚買う」よりも
少し高くても「気に入ったものを1枚買う」方が良い
と、最近は思っています。

そして、お気に入りの同じ洋服を、繰り返し着ています。
「ヘビーローテーション」のアイテムばかりです。

 

◇◆◇

 

みなさんも、ぜひ「身につけた洋服の色」を通して
今年を振り返ってみてくださいね。

 

身近にある色は、もしかすると
以外に「片寄っている」かもしれません。

 

もし、そうだとしたら
来年はぜひ「さまざまな色」にチャレンジしてみてください!

 

 

1) 「マゼンタ(中くらいの明るさの赤紫)」

 

「マゼンタ」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「愛情・女性性・成熟・次のステップ」など

 

◇ 「大きな花柄のワンピース」と「ボレロ風カーディガン」

 

 

 

(2018年4月 イベント「ウーマンビジネスコレクション」登壇時写真 by 山中研吾氏 )

 

4月に開かれた女性起業家のイベント
「ウーマンビジネス・コレクション」登壇時に着用しました。
写真は、シャネル時代の一時期に
「紫色ばかり身につけていた頃のこと」をお話している場面です(笑)

 

◇ 「カットソー」と「カーディガン」

 

 

 

「オフホワイトのネックレス」

 

 

「淡いピンク色のネックレス」をあわせて着ています。

 

カットソーはイタリア製のもので、発色が鮮やかです。
今年の初夏、セールになっていたのを
デパートで、たまたま見つけました。
セールと言えども、少々高めのお値段だったのですが
「一目ぼれ」して買いました。

 

家で洗濯できるので、今年の6月から9月にかけて
「週に2、3度は必ず登場する」ほどのお気に入り。
既に「モト」は取った感じです(笑)

 

「マゼンタのカーディガン」
「ピーコックグリーンにカーディガン」と合わせて着ています。

 

◇ 「幾何学模様のワンピース」

 

 

 

大和証券様 情報サイト「SODATTE」の取材を受けたとき。
「きちんと感」を出すために
「アイシーグレイのジャケット」を上に着用しました。

 

◇「ウールのコート」

 

 

 

少しトーンを落とした「赤紫色」
10年ほど前に「色」が気に入って購入しましたが
やはり、派手な気がして。
会社員時代は、ほとんど着ることがなく
クローゼットの奥に眠っていました。

 

今は、この色が
気持ちにとてもフィットしています。
着ることに抵抗もなくなりました。

 

◇ 「幾何学模様のウールのワンピース」

 

 

 

3年くらい前に購入したワンピース。お気に入りです。
「ここぞ!」という場面で着ることが多い。
「ヘビーローテーション」の一枚です。

 

◇ そして「髪の色」も

 

 

「ピンク(赤紫色)」「ローズブラウン」
カラートリートメントを使って自分でカラーリングしています。

 

◇ 実は「ロゴマーク」も

 

 

「少し明るめのマゼンタピンク」
「レゼル・ド・マクルール ~私色の翼~ 」のロゴマークに使っている色。
私のテーマカラーでもあるんです。

 

◇ 2018年の「スケジュール帳カバー」

 

 

この色のカバーに変えた今年。
たくさんの素晴らしいご縁に恵まれました!

 

2)「ライラック(明るい紫系)」

 

「明るい紫系の色」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「癒し・再生・優しさ」など

 

◇ 「ハイヒール柄のニット」

 

 

 

前シーズンの秋冬のセールで、20%オフになっていました。
すごく気に入って色違いで2枚「大人買い」
色違いの「水色」もこの色も
今年の秋に、何度も何度も着ています(笑)

 

「おおぶりのコットンパールのネックレス」と。
ボトムは「チャコールグレイのワイドパンツ」を合わせて着ています。

 

3)「赤」

 

「赤」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「自信・活動的・情熱」など

 

◇ 「ボレロ風カーディガン」

 

 

◇ 「カットソー」

 

 

 

 

埼玉アリーナ コンサート会場で。

 

「赤」は、以前は敬遠していた色。
中学生くらいから数年前までは「絶対に着なかった」と言えるくらい。

 

でも昨年、この「赤」の幾何学模様のTシャツを購入。
たぶん「気持ちが求めていた」気がします。

 

今年は「赤の半袖カーディガン」も着てみました!
「赤」は、元気になれる。気持ちが高揚します。

 

4)「ボルドー(暗い紫みの赤)」

 

「暗い紫みの赤の色」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「成熟・充実感・蓄積」など

 

◇ 「大判のカシミヤストール」

 

 

 

この「大判のストール」は
「ボルドーを中心に、赤、青紫、青」が使われています。
見せる部分によってイメージが変わる「使える一枚」です。

 

◇ 「厚手のシャネル・ジャケット」

 

 

 

これまでは、着ていませんでした。
今は、あえて「同系色のストール」を合わせて着ています。

 

5)「オレンジ」

 

「オレンジ」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「冒険心・陽気・社交的・温もり」など

 

◇ 「ブラウス」

 

 

◇ 「カットソー」

 

 

実は「マゼンタ」のものと色違い。
私は、本来「ブルーベース(青み寄り)」の方が肌映りが良いです。

 

ブルーベース(青み寄り)の「オレンジ色」は無いのです。
それで「オレンジ」は、顔映りでは最も苦手とする色。

 

「ピーコックグリーン」のカーディガンと合わせて着ています。
顔映りは、今ひとつ。
「オレンジの着こなし」は 2019年の課題です。

 

6)「黄色」

 

「黄」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「希望・意欲・好奇心」など

 

◇ 「大きな花柄シルク混のワンピース」

 


 

 

 

(上添写真2枚は、2018年5月11日放送 NHK Eテレ『明日も晴れ!人生レシピ』を写したもの)

 

NHK E テレの収録のために新調した
「黄・紺・白の大きな花柄のワンピース」

 

「黄色のボレロ風カーディガン」
「オフホワイトのネックレス」を合わせています。

 

◇ 「V ネックセーター」

 

 

黄色ですが「レモンイエロー」に近い色。

「 Winter 」の「ブルーベース(青み寄り)」のカテゴリーに入る黄色です。

 

そして「おおぶりのコットンパール」の白いネックレスを合わせて着ています。

 

◇ 「ニットアンサンブル」

 

 

 

「黄色と黄緑の中間くらいの色み」で、明るい色。

やわらかい印象になります。

 

7)「黄緑」

 

「黄緑」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「フレッシュ・向上心・安らぎ」など

 

◇ 「シフォンのノースリーブ」

 

 

 

 

イエローベースである「黄緑」も
私にとっては、新たなチャレンジでした。

 

8)「緑」

 

「緑」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「バランス・平和・生命力」など

 

◇ 「セットアップ」

 

 

 

 

イタリア製の生地でつくられています。
柄が大胆で、とても好きです。

 

スカートの方が、圧倒的に出番が多い。
ブラウスは、胸元の色が「ベージュ」と「グリーン」
「イエローベース」が苦手な私は
「顔映り」があまりよくないんです。

 

こういう場合
好きな色は「顔から離れたところ」に取り入れると良いですね。

 

 

(上添写真は、2018年5月11日放送 NHK Eテレ『明日も晴れ!人生レシピ』を写したもの)

 

 

「動画の専門家」水越さんとのランチ会で
「メディカツポーズ」(笑)です。

 

9)「ピーコックグリーン」「ターコイズ」(青緑)

 

「青緑」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「自分のペース・独立心・創造性」など

 

◇ 「カットソー」と「カーディガン」

 

 

 

「ビジネスグレードアップスクール」校長のひらまつ氏の
出版記念セミナーに、ゲスト著者として参加した時の写真。
ごきげんビジネス出版の編集長さんも一緒に!

 

◇ 「シフォンのノースリーブ」と「カーディガン」

 

 

 

◇ 「カットソー」

 

 

 

◇ 「ペイズリー柄のセーター」

 

 

 

「マゼンタ」に加えて
「ターコイズ」私のキーカラーになっています。

 

「自分のペース・独立心・創造性」
ぜんぶ欲しい(笑)

 

10)「水色」

 

「水色」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「希望・解放感・自然体」など

 

◇ 「ハイヒール柄のニット」

 

 

こちらの色は、デニムと合わせて着ています。

 

◇ 「グラデーションのカシミヤストール」

 

 

「イエローベースのコート」の胸元に
「ブルー系」を合わせています。

 

11)「青」

 

「青」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「冷静・集中・知性」など

 

◇ 「コットンのパーカー」

 

 

「写心庵チャンネル in 佐原 」の撮影時。

 

◇ 「大きな花柄のワンピース」

 

 

 

インドネシアの竹製楽器「アンクルン」の体験会で。

 


スターディア・ラボ株式会社
ごきげんビジネス出版さんの受付にて。
「ラベンダーのネックレス」を合わせて着ていますが
「淡いピンク色のネックレス」の方が良いですね。

 

12)「ロイヤルブルー」

 

「紺色・ロイヤルブルー」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「誠実・品格・探究心」など

 

◇ 「大きな花柄のワンピース」

 

 

 

友人の出版記念パーティーで(上添写真 by 永田知之氏)

 

 

13)「紫」

 

「紫」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「癒し・高貴・成熟」など

 

◇ 「カシミヤのカーディガン」

 

 

 

にゃんこのいる友人宅へ遊びにいくので
カジュアルな服装で。
会社員時代、「紫色」ばかり着ていた頃に買った
カシミアのアンサンブルのカーディガンです。

 


友人は
「つばささんに会ってから、色を意識するようになって」
「綺麗な色を着るようにしている」といってくれます。
この日も「ピンク色」のセーターで!

 

14)「ベージュ」「キャメル」

 

「ベージュの一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「リラックス・穏やか・ナチュラル」など

 

◇ 「花柄のブラウス」

 

 

 

「ベージュとターコイズの花柄」の入ったブラウスですが
このベージュは「イエローベース」「濁色」

 

顔映りを考えて「ターコイズ」のカーディガンを着て
「オフホワイトのネックレス」をしています。

 

◇ 「ウールのダッフルコート」

 

 

 

この「ダッフルコート」も10年以上クローゼットの奥に眠っていました。
「イエローベース」を敬遠していたから。

 

でも、実は、裏が「オフホワイト」で
顔周りにこの色が出るので、顔映りを考えた時に、着やすいです。
首元には「ブルー系」のストールを合わせて着ます。

 

15)「白」「アイスグレイ」

 

「白」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「スタート・リセット・純粋」など

 

◇ 「カットソー」

 

 

(上添写真は、2018年5月11日放送 NHK Eテレ『明日も晴れ!人生レシピ』を写したもの)

 

パーソナルカラー・ブランディング時は
私の着る色が診断の邪魔にならないよう
上半身に「白」を着用します。

 

 

「写心庵チャンネル in 軽井沢」の撮影時。

 

少し寂しい感じになるので
「黄色(黄と黄緑の中間の色)のネックレス」をしています。

 

◇ オフホワイトの「ジャケット」

 

◇ 「アイスグレイのジャケット」

 

 

「白」に近い「淡いグレイ」
つながる心理も「白」に近くなります。

 

16)「グレイ」

 

「グレイ」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「ニュートラル・落ち着き・控えめ」など

 

◇ 「厚手のスエット地のコート」

 

 

完全プライベートで、横須賀にある「叶神社」へお詣りに。
チカラを抜いた服装で。
色も、脱力の「グレイ」です。

 

17)「黒」

 

「黒」の一般的なイメージ・意味の中で

ポジティブなものは

「自己確立・強い意思・威厳」など

 

◇ 「リュック」「ショルダーバック」

 

 

いつも使っている「A4サイズ」が縦に入る「リュック」

 

 

少し小ぶりの横長「リュック」

 

 

会社員時代から愛用している「シャネルのショルダーバック」

 

今年「黒の洋服」は、冠婚葬祭以外では着ませんでした。

 

2019年も「色」と仲良くなり「色」を楽しんで!

 

色を目にすることで色のイメージ効果」を取り入れ
「心に変化」をもたらすこともできます。
身に着ける色で「自分を演出」することもできます。

 

「私はこんな風になりたい」

 

そのイメージにつながる「色」を
ぜひ身近に取り入れてみてくださいね。

 

「気持ちを変えたい」

 

リラックスしたい。元気になりたい。冷静になりたい・・・

 

そんな時にも「色」はサポートしてくれます。
ぜひ、色のチカラを味方につけてくださいね!

 

「各色につながるイメージ・意味」さらに詳しくはこちらから↓

 

19色のイメージ・意味  ポジティブ&ネガティブを見る >>

 

今日も素敵な1日を!

 

「パーソナルカラー・ブランディング」を見る

 

< 尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』講談社 」)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援お願いいたします。

 

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 佑貴つばさのカラフル・コーディネート日記 2018

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop