焚き火のオレンジ色はコミュニケーションの色 色彩心理のはなし

2017.02.04 (土)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

昨日、日本焚き火コミュニケーション協会主催の「焚き火語りBar」に参加してきました。
金曜日の日中、12:30 ~ 15:30 。練馬区光が丘公園で、温かく美味しい手料理をいただきながら、皆とおしゃべり。ゆったり、まったりと、とても贅沢な時間を過ごしてきました。

 

 

「焚き火」の炎は何色?

 

 

さて、「焚き火の炎の色」について、これまでは「赤~朱色(黄みの赤)」辺りの色みだと思っていたのですが、実際に焚き火を体験してみたら、炎の色は、もう少し「黄」に寄った色
「朱色から橙色(オレンジ色)」辺りの色でした。

 

「赤系」の色というより「オレンジ系」の色だったのですね。

 

焚き火でコミュニケーションが深まる大きな理由のひとつに「色」もあるのだな、と改めて思いました。

 

焚き火の炎の色でもある「オレンジ色」はなぜ、コミュニケーションにつながるのでしょうか?

 

「赤」と「オレンジ」色彩心理の違いは?

 

 

「赤・橙(オレンジ)・黄」辺りの色相(色み)は、暖かい感じがする色で「暖色」と言います。
「オレンジ色」の話の前に、まず「暖色」の中の「赤」の話から。

 

或る色を見た時、人には「心理的な反応」だけではなく、「生理的な反応」も起こります。
よく知られている実験結果ですが、「赤い部屋」の中に居ると、活動モードの交感神経が優位になり、「青い部屋」の中に居ると、休息モードの副交感神経が優位になることが分かっています。

 

「赤」い色を見ると、人間の筋肉が緊張・興奮し、血圧や脈拍も上昇して、活動モードに入るのですが、この反応は「進化の過程で獲得したもの」だと言われています。

「赤」は、血の色に結びつきます。血を見た時、獲物を追う必要がある、戦う必要がある。或いは、即座に逃げる必要がある。それで、「赤」が人の「活動」と結びつくようになったと考えられているのです。
(参考文献 : 山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』)

 

そして「色彩心理」の視点からだと、「赤」は「強い感情を表現できる色」です。

 

「赤」といっても「鮮やかな赤」「ダークな茶系の赤」など、トーンの違いによって心理も違ってきます。
積極的な気分の時に選ぶのは「鮮やかな赤」のことが多く、一般的なイメージでポジティブなものには「活動的・自信・情熱・達成感」。また、少しネガティブなものには「怒り・自己主張」などがあります。
ボルドーなど、暗めのトーンの「赤」は、もう少し落ち着いたイメージで「熟成・蓄積・充実感・安定」、または「ストレス・葛藤・不完全燃焼」などの側面もあります。

 

そして、「暖色」の中でも、「オレンジ」は、「赤」より、少し強さが薄まる感じがする色ですね。
では、「オレンジ色」は、どんなイメージに結びつくのでしょうか?

 

「オレンジ色」は、最も「温もり」を感じさせる色。

 

 

「赤・橙(オレンジ)・黄」辺りの色相(色み)は、暖かい感じがする色で「暖色」。
その中でも、最も暖かさを感じさせるのが「橙(オレンジ)」というアンケート結果があります。
その理由は、橙色(オレンジ色)が「炎」のイメージと結びついていることにあるようですね。

 

「オレンジ」は、「赤」より少し強さが薄れ、赤と比べると少し柔らかい感じもしますよね。
「オレンジ色」の一般的なイメージの中で、ポジティブなものは「元気・活発・冒険心・向上心・陽気・社交的・温もり」など。

 

「親しみやすさ」を感じさせる色でもあり、「コミュニケーションの色」と言われます。
身に着けると、明るくフレンドリーな、話し掛けやすい雰囲気をつくります。

仲間意識を強める色でもあります。

 

「オレンジ色」の少しネガティブなイメージには「自己アピール・落ち着きがない・安っぽい」などもあります。

 

「オレンジ」を選ぶのは「前向きで好奇心旺盛な時」「活発に行動したい時」「楽しい気分の時」
そして「温もりを求める時」「注目して欲しい時」に選ぶこともあります。

 

「焚き火」の「オレンジ色」
「焚き火」には、心も温めて、人とコミュニケーションが取りやすくなり、仲間意識を強めるという「色の秘密」もあったのですね。

 

そして、自然のゆらぎ(1/f ゆらぎ)にも、人をリラックスさせる効果があると言われています。

 

そんな訳で昨日は、自然の中で「炎のゆらぎ」と「オレンジ色の温もり」に癒されてきました。

 

 

人は、ひとつひとつの色に意味を持たせていて、「惹かれる色」には心理が表れます。
「色」のイメージを使って、自分を演出することもできます。
「色」の心理効果で、自分の気持ちを、活動的にしたり、冷静にしたり、リラックスさせたり、もできます。
「色」を使って、仲間意識、一体感をつくることもできます。

 

毎日に、色の効果をぜひ取り入れてみてくださいね。
今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には、必ず、ポジティブな側面、ネガティブな側面があります。また、色彩とどのようにつきあってきたか、個人的な経験によって、同じ色にも多様な意味があります。「良い色」「悪い色」というのは、ありません。>

 

( 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』講談社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」

 

塗り絵をつかって「色で、自己分析」

 

【自分と向き合う時間が欲しい方・自分の気持ちを確認したい方へ「色彩心理」塗り絵ワークショップ】

 

会社で「自分らしさ」を発揮できず、楽しくない・・・
これからどうしようか迷っている、働く大人の独身女性へ。
自分とじっくり向き合う時間を持ちませんか?

 

色は、体験・記憶のイメージと繋がっていて、惹かれる色は、ココロのメッセージ。

 

あなたなら「最近の自分」を何色に塗りますか?

 

 

「塗り絵」に表れたあなたの本当の気持ちを「通訳」しながらお伝えします。
あなたのココロを「一緒に読み解いて」いきましょう。
色彩から「あなたの答え」を見つけませんか?

 

色彩心理をベースとしたワークショップ・セッションで、働く女性を応援しています。

 

「色で自分と向き合う」詳細はこちら »

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 焚き火のオレンジ色はコミュニケーションの色 色彩心理のはなし

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop