色彩心理 明るい色のパンプスで!ココロもフットワークも軽やかに。

2019.03.23 (土)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

靴の色が明るいと、足元が軽く感じませんか?

 

 

先日、百貨店のシューズ売り場を通った時。

 

パステルカラーのパンプスが4色並んで。

 

明るくて綺麗なディスプレイに惹きつけられ

思わず立ち止まりました。

 

サーモンピンク、ミントグリーン、ベビーブルー、アイボリー

 

 

春らしい色だなぁと、ウキウキした気分になりました。

 

「薄い色の靴」は、どうしても汚れが気になるので
普段履きには、なかなかできないかもしれませんね(笑)

 

でも

足元が明るいと、なんだかココロも軽くなり
フットワークも軽くなりませんか?

 

例えば、ウォーキングをする時。

スニーカーの色は、「黒」よりも「白」の方が

軽やかに歩ける感じがしませんか?

 

「色に感じる重さの印象」には

明度(明るさの度合い)が関係しています。

 

色には、重さの印象があります。

 

 

明るい色は軽く見え、暗い色が重く見えることは
みなさんも普段感じていらっしゃるかと思います。

 

最も明るい色である「白」
最も「軽く感じる色。

 

最も暗い色は「黒」
最も「重く」感じる色です。

 

こんな実験結果があるそうです。

 

【同じ重量の白いものと黒いものを持ち比べた場合、重さに違いはないにも関わらず、体感する重さは黒の方が 1.87 倍も重くなったという実験もある。(ビジネスカラー研究会編著『使える!色彩学』より引用)】

 

なんと「黒は、白の2倍近く重たく感じる」という結果が。

 

この「色の明るさによって、体感する重さが違う」ことを
上手く利用した例には、こんなものがあります。

 

【一部の引っ越し業者では・・・段ボールを白くして実際よりも軽く感じさせ、運ぶ人が疲れにくいようにしている・・・

 

逆に世の中にはわざと重く見せているものもある。例えば、筋トレに使用する器具や重りは、ほとんどが黒に近い色をしている。これは色の力で重く見せ、「運動した!こんなに頑張った!」と感じさせるのが目的だ。(『使える!色彩学』より引用)】

 

花びら-3-1

 

 

冬の間は、黒や茶色など
暗い色のショートブーツや、ロングブーツを
履く機会も多かったかもしれません。

 

でも、季節は春。

 

「新しいことを、始めよう」
「一歩踏み出そう」

 

そんな気持ちを、後押ししてくれる季節!

 

明るい色みの洋服やシューズで

軽快に歩きだしてみませんか?

 

色のサポートを受けながら、ココロもフットワークも軽やかに。

 

今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には必ず、ポジティブな側面とネガティブな側面があります。また、ここで解説している色のイメージ・意味は、色の持つ一般的なイメージ・意味の一部になります。色には、「多くの人の共通語」になっている意味もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(タイトル写真&文中に使用したぬり絵 絵柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、ビジネスカラー研究会編著『使える!色彩学』洋泉社)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)
「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援お願いいたします。

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 色彩心理 明るい色のパンプスで!ココロもフットワークも軽やかに。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop