色彩心理。紫に惹かれるのは、どんな心理?自己分析してみましょう。

2016.06.22 (水)

なぜ、あなたは「黒い服」を着るのか 人生が変わる色の魔法 詳細を見る

「最近、紫が気になって、紫の洋服ばかり選ぶんです。」

 

「紫色」に心が惹かれること、ありますか?

 

最近なら、アジサイの紫色。
微妙に色みの違う、アジサイの紫色は、見ていて飽きません。

 

アジサイ-1

 

なんだか癒されたり
でも、せつない気持ちになったり。
少し心が揺れたり

 

5月におこなった、働く女性の交流会でのセミナー後にも、お二人の方から。
「最近、紫の洋服ばかり選んでいるんです。どんな意味があるのですか?」
「最近、紫色が気になるんです。なぜでしょうか?」
そんな質問を受けました。

 

また、先日、自己分析ワークショップにご参加された女性も、塗り絵の背景を「紫色」に塗りつぶしていらっしゃいました。

 

何度かコラムに書いていますが、私自身も「紫色」ばかりを選ぶ時期が、長くありました。

 

ひとつの色にも多様な意味があり、その時の状況によって表す心理も違ってきます。

 

「紫」も、実に様々なイメージに繋がる色。

紫の心理には、一般的には、こんなキーワードがあります。

 

ポジティブなものには「高貴・ミステリアス・癒し・再生・優しさ・成熟・繊細・芸術的センス」など。
ネガティブなものには「疲労感・葛藤・ストレス・憂鬱・不安・孤独」など。

 

「紫」に惹かれる時、どんな気持ち?

 

紫に惹かれるのは、どんな気持ちの時でしょうか?

 

「繊細な気持ちの時。」
「癒されたい時。」
「心や身体の疲れから、回復していこうとする時。」
「体調がすぐれない時。」
「葛藤がある時。」
「成熟を感じている時。」などなど・・・

 

「赤」などの暖色が交感神経を、「青」などの寒色が副交感神経を刺激することが、
生理学の分野であきらかになってきています。
「紫」は、この「赤」と「青」を混ぜ合わせて出来る色。
交感神経と副交感神経のバランスを取ろうと、本能的に選ぶのではないかと考えられています。

 

私の場合、紫色は、「転機」を表していました。

 

私の場合、自分の転機が、惹かれる色「紫」に表れました。

 

「色彩の道に進む」と決めるまでの数年間。
私は「紫色」に惹かれ、紫のセーター、紫のスマホカバー、紫の手帳、紫のバック・・・。
「紫」ばかり身に着けていました。

 

もともと、淡い紫(ライラック色・ラベンダー色)が好きではありますが、その時期は、もっと重い紫色。
その色みだけに、ずっとこだわる日々が続きました。

 

25年勤続した会社を退社すると決める迄には、ずいぶん悩みました。
大好きなブランドにおりましたし、独立して生活していかれるのか、不安もあり。
でも、18年前に本で知り感動した「色彩心理」を仕事にしたい、という強い思い。
ふたつの気持ちの間で揺れていました。

 

そんな、葛藤する気持ちが、
 前に進みたい、活動的なエネルギーを表す「赤」
 冷静・自己抑制の気持ちを表す「青」
その二色を混ぜた「紫」に表れていたのですね。

 

バラ-ヴァイオレット-1-2

 

 

最近、私はまた、紫色に惹かれるのですが、この気持ちは、以前のものとは少し違っているようです。
「成熟していきたい。」という気持ちが表れているのかな、と感じています。

 

あなたには「最近、気になる色・惹かれる色」がありますか?

 

「惹かれる色」から、あなたの気持ちを見つめてみてくださいね。
今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には、必ず、ポジティブな側面、ネガティブな側面があります。また、色彩とどのようにつきあってきたか、個人的な経験によって、同じ色にも多様な意味があります。「良い色」「悪い色」というのは、ありません。>

 

(タイトル写真&文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます(^-^)
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)/

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

色彩心理 自己分析プライベートセッション

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 色彩心理。紫に惹かれるのは、どんな心理?自己分析してみましょう。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • オンライン プライベートセッション体験ワークショップ
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop