自分のやりたいことがわからない。でも今と違う自分を探したくなるのは、なぜ?

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

 

私も「本当の自分」探し続けて、もがいていた時期があります。
「今の自分は仮の姿。」「本当の自分を発見したい。」

 

もしもあなたが今、以前の私と同じように「自分探し」をしているのなら、下記を参考にしてくださいね。(コンテンツの行をクリックすると、各コンテンツの先頭に飛びます。)

 

< コンテンツ >

1) 「今と違う自分」を探しているとしたら・・・自分を「人から期待された役割」に押し込んでいませんか?

2) 「今の会社にいる自分は、本当の自分じゃない。」私も、ずっとそう思っていました。

3) 「自分がどうありたいか」を優先しましょう。

4) あなたは、自分の心を何で満たしていますか?

 


1)「今と違う自分」を探しているとしたら・・・自分を「人から期待された役割」に押し込んでいませんか?

 

 

「自分探し」という言葉、少し前によく耳にしませんでしたか?

私も「本当の自分」を探し続けて、もがいていた時期があります。

「今の自分は仮の姿。」「本当の自分を発見したい。」「もっと、自分らしさを発揮したい。」

 

でも、なぜ「今と違う自分」を探したくなるのでしょうか?

もし、あなたが「今と違う自分」を探しているとしたら・・・

今、あなた自身を、人から期待されている「ひとつの役割という枠」に押し込んでいることはありませんか?

 

人から褒められると嬉しいですよね。 そうすると、褒めてもらった自分の「役割」を果たそうと、さらに頑張る気持ちにもなりますね。 「役割」は自分を支えてくれることもあります。

 

でも一方で、自分を枠に閉じ込めてしまうことも。他者からの評価を気にし過ぎたり、自分以外の他者の期待を満たそうとする気持ちが強かったりすると、自分のココロの自由が制限されて「自分で自分の道を選択できなくなる」ことがあります。

 

人から評価されること、つまり「他者のものさし」を重視してしまう故に、「内側から湧いてくる自分の意欲を、心の奥に閉じ込めてしまう」のです。

 

また、新しい自分に踏み出すのが不安で、無意識に「今のままでいよう。」とする心の働きもあります。

 

でも、「本当の自分を探したい。」と思うのは、自分の欲求が他にもあることを、あなた自身が感じ取っているから。「人から期待された、ひとつの役割だけを担い、上手にこなすこと」・・・「すべき・あるべき」に少し疲れて。 そこから「離れたい。」と思っているのかもしれませんね。

 

自分の中には、いろいろな要素があります。 自分を「こうであるべき。」と限定する必要はありません。今、すでに自分のココロの中にいる「ホンネのありたい自分」を、表に出してあげましょう。

 

自分のいろいろな側面・可能性は、その時々の関係性・環境の中で。 また、新しく見つけた環境で。
そして何より「自分のココロに素直に」、もっと自由に表現して良いのでは?

 

「最初の一歩」は少しだけ勇気がいります。 でも、小さな一歩をまず踏み出してみると「新しい自分」を楽しむことに近づけるのです。まずは、自分を覆っている「枠」にヒビを入れて、一歩外に出てみませんか?

 


2)「今の会社にいる自分は、本当の自分じゃない。」私も、ずっとそう思っていました。

 

内観-3-1

 

私も、会社員時代、「ここでの自分は、本当の自分ではない。」そんな風に思うコトが度々ありました。

 

仏ラグジュアリー・ファッションブランドに25年勤続後、起業しました。
運良く、憧れのブランドに入社できた自分。入社した当初は、嬉しくて、自己評価も高かったコトを、自分でも覚えています。そう思っていたにもかかわらず、その後、自分で自分を認められない時期が、何度も訪れました。

 

そのうちの一つの話。

 

新しくできた部署に異動して「ビジネスプランニング・マネージャー」という、売上予算・経費予算の策定と管理を任された時。 「本部の予算を預かる。」その役割を担う自分は、「仕事ができる人でなければ、ならない。」「間違えては、ならない。」「賢い人でなければ、ならない。」・・・

 

「なければならない」「こうあるべき」で自分を縛りつけていました。

 

月に一度の会議でも、いつも真面目な顔をして、数字の話だけをしていました。いつも眉間にしわを寄せていたみたいです。「 そうあるべき」と勝手に自分で決めて、「真面目で間違えない人」で居続けました。

 

それが「会社に、周囲に期待されている自分」だと思い込み、しばらくそれを演じ続けました。でも、そんな自分は全然楽しくなかったんです。心の奥の方で、「本当の自分を分かって欲しい。」と思っていました。

 

仲良くなり、プライベートな時間に一緒に食事に行くようになった同僚は、「職場に居る時の私と、オフの時間の私とのギャップ」に驚いていました。そして、「私は、プライベートの顔の方が断然好きだし、素敵だと思う。」と言ってくれました。

 

そんな風に何人かに言ってもらうようになって初めて、「私は、会社でも、自然体で良いのかな。」と気づきました。その後、自分で自分に勝手にはめた「枠」を外す方法が、少しずつ分かってきたのです。

 

ちなみに、その仲の良い元同僚は、最近は・・・
「あんな“ しかめっつら ”をして数字と向き合っていたのに、今『塗り絵』と向き合っていて楽しそう!」と、喜んでくれています(笑)

 


3)「自分がどうありたいか」を優先しましょう。

 

一本の木-2-1

 

会社で期待されていると感じている「あるべき役割」に、自分を押し込んでいるとしたら・・・

「人から期待された、ひとつの役割だけを担い、上手にこなすこと」に、少し疲れているとしたら・・・

 

「ありたい自分」を解放してあげませんか?

 

もちろん、会社では役割があります。会社の期待にも応える必要があり、100% 自分の好きな様に仕事ができる訳では、もちろんありません。でも、そんな中でも「自分らしく居る方法」は選択できると思います。

 

「今、自分らしくなくて、楽しくない。」

「本当は、今と違う自分がいるはず。」

と思い続けているとしたら・・・

 

周囲の皆の期待に応えたい、周囲の皆から評価して欲しい、喜んでもらいたい、と思うあまり・・・

 

自分を、勝手に思い込んだ「役割」にはめこんでいませんか?
自分らしさを見失っていませんか?
無理していませんか?
周囲に合わせ過ぎていませんか?
「自分がどうありたいか」が見えなくなっていませんか?

 

どうしたら、心地良く感じられますか?

 

あなたの「本当の気持ち」を大切に扱ってあげてくださいね。
時には、じっくり「自分と向き合う時間」をつくってみてください。

 

あなたの「ありたい。」を大切に。

 


4) あなたは、自分の心を何で満たしていますか? 

 

ハート-3-0

 

今、あなたの心は、満たされていますか?

もし、満たされていないと感じるならば、それは何故ですか?

「本当に欲しいモノ」以外の何かで、ココロを「仮に」満たそうとしてはいませんか?

 

私にも「仮に」ココロを満たそうとしていた時期が、長くありました・・・

 

最近の私は、毎日が楽しいです。惹かれる方、自分の心が望む方を選んで歩いている、と実感できるから。 それは、「色彩心理」を仕事にすると決めて会社を辞め、自分で歩き出したこと。 勉強をやりなおしたい、と以前から思っていたので、大学の通信教育課程に編入学し、心理学・美術史を学んでいること。

 

時々やることが重なり、イライラしそう? と思っても、「あっ、自分で選んだんだっけ。」と、自分を納得させることが出来ます。

今、心が安定しているんだなぁ、と自分でも感じています。

 

心が安定している私は、最近、不思議なことに、以前の様に「洋服や靴、インテリア雑貨や食器を、必要もないのに沢山買ってしまう。」ということが無くなりました。お店を見るのは楽しいですし、洋服も靴も、インテリアも食器も、好きなことに変わりは無いのですが、以前していたような衝動買いもせず、本当に気に入ったものを必要な分だけ買う、という普通の買い物(笑)をしています。

 

5年位前の私は、そうではありませんでした。

「本当の自分を探し続けて」いた頃。その時には、そう気づかなかったのですが、「心をモノで満たそうとしていたのだな。」と思い返す時期があります。

 

洋服や靴をまとめ買い。インテリア雑貨も食器も、家に沢山あるのに、また買ってしまう。本当に山ほど買い物をしていました。ある日、クローゼットに収まりきらなくなり、仕方がないのでリサイクルショップへ。袖を全く通していないワンピースやジャケットを何枚も持って行き、リサイクルショップのオーナー女性に「もう!なんて無駄遣い!」と叱られたことがあるくらい(苦笑)

 

多分、買い物でストレスを発散していたのと同時に、「満たされない心」を、無意識にモノで埋めようとしていたのだと思います。本当は、モノで埋めることなど出来ないのに・・・

 

身だしなみは大切だし、オシャレは楽しいです。好きなものに囲まれた部屋なら、リラックスできます。買い物を楽しむことは、決して悪いことではありません。

 

でも、いくら数を増やしても、モノではココロは満たされない。

そんな時、本当は「別の何かを求めている。」のではないでしょうか?

 

今、自分は、本当は何を欲しているのか?
自分のココロを満たしてくれるものは、何なのか?

 

時には、耳を澄ませて、自分のココロの声を聴いてみてくださいね。

 

今日も心から楽しめる一日を。

 

(文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理カウンセラー

 

塗り絵をつかって「色で、自己分析」

 

【自分と向き合う時間が欲しい方・自分の気持ちを確認したい方へ「色彩心理」塗り絵ワークショップ】

 

会社で「自分らしさ」を発揮できず、楽しくない・・・
これからどうしようか迷っている、働く大人の独身女性へ。
自分とじっくり向き合う時間を持ちませんか?

 

色は、体験・記憶のイメージと繋がっていて、惹かれる色は「深層心理のもうひとつの言葉」。

 

あなたなら「最近の自分」を何色に塗りますか?

 

 

「塗り絵」に表れたあなたの本当の気持ちを「通訳」しながらお伝えします。
あなたのココロを「一緒に読み解いて」いきましょう。
色彩から「あなたの答え」を見つけて、「ありたい自分」に一歩踏み出しませんか?

 

色彩心理をベースとしたワークショップ・セッションで、働く女性を応援しています。

 

「色を通して自分と向き合う」
詳細はこちら »

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします(^-^)

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop