神社の鳥居は黄みを帯びた鮮やかな赤。赤には「魔除け」の意味があります。

2018.01.01 (月)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

明けましておめでとうございます。

 

みなさんは毎年、初詣に行かれますか?

 

今年、もう行かれた方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

 

私は毎年、地元の小さな八幡宮、そして、年明けから少し時間が経って空いてきた頃に、友達と東京大神宮にお詣りにいきます。

 

さて、今日は、神社の鳥居の「赤」の話です。

 

神社の鳥居の赤には、どんな意味があるのでしょう?

 

神社の鳥居の色は「赤」

黄み寄りの赤である「朱色(しゅいろ)」または「丹色(にいろ)」をしていますね。

 

「赤」には「魔除け」や「病気除け」の意味があります。

 

「赤」の一般的なイメージには「活動的・自信・情熱・達成感」、また「興奮・発散・闘争心」「怒り・自己主張」などがあります。

 

「活動のエネルギー」を感じさせる色ですね。

 

プラスにもマイナスにも、エネルギーの強い色です。

 

「赤」は、どの時代、どの民族にとっても、「太陽・炎・血液」など生命に直結する体験と結びついていて、「エネルギー」の象徴となっているようです。

 

古代の人々は「血 = 赤」を見ると、危険を感じて「逃げる」、または、獲物を手に入れるために「戦う」など、瞬時に判断し、行動を起こさなくてはならなかったのです。行動を起こさなければ、生命の危機にさらされるから。

 

それで、「血 = 赤」を見ると、無意識に体が反応していたのだと考えられています。

 

 

進化の過程における「赤」と結びつく体験

 

現在でも、私たちの体は「赤」を見ると「筋肉が収縮したり、血圧が上がったり、脈拍が上がる」反応を起こします。体が「活動モード」に変わるのです。

 

それは、進化の過程で獲得したものだったのですね。

 

実際に、実験で明らかになっているのですが、人は「赤い部屋」の中にいると「活動モードの交感神経」が優位になり、「青い部屋」の中にいると「休息モードの副交感神経」が優位になるのです。

 

また、「赤が命を司る」ところから、その力は「治療や魔除け」になるとも考えられていました。

 

【「赤が命を司るならば、赤によってパワーを得られる」という発想は、古今東西変わらない。血のパワーは赤のパワーとなり、赤が治療魔よけに使われていく。・・・

日本神話では太陽の神である天照大神(あまてらすおおみかみ)を最高神とする様に、太陽の赤は日本人の心を支える心象風景として深く関っている。・・・

祭りのとき、子どもの額につける赤い印、神社の鳥居の赤、祝いの時の赤飯の小豆など、たくさんの魔よけや病気除けの伝統が現在も残っている。・・・( 出典 : 山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』)】

 

それで、神社の鳥居の色は「赤」なのですね。

 

赤にはこんな効果があります。

 

色に感じるイメージは、心や身体に作用します。
色を目にすることで、色のイメージ効果を取り入れることができます。

 

「赤」のチカラを借りたいのはどんな時でしょう?

 

「自信を持ちたい」
「リーダーシップを発揮したい」
「活動のエネルギーが欲しい」
「勝負に勝ちたい」
「体感温度を上げたい」

 

そんな時に、ぜひ、洋服の一部や身近な小物に取り入れてみてくださいね。

 

また、「ストレスを発散したい」という時には、画用紙に、クレヨンなどチカラを込めやすい画材を使って。

 

思いっきり色を塗ってみてください。ココロが、少しスッキリすると思います。

 

(血圧が高い方は、血圧が上がり過ぎないように気をつけてくださいね。)

 

 

今度、お詣りに行かれたら「赤」のチカラを、ココロとカラダで感じてみてください。

活動のエネルギーを蓄えてきてくださいね。

 

色のサポートを受けながら。

 

2018年も、色彩豊かな素晴らしい一年でありますように!

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

<尚、それぞれの色には必ず「ポジティブな側面」と「ネガティブな側面」があります。また、上記は、色の持つ一般的なイメージの一部になります。色には、「多くの人の共通語になっている意味」もあれば、「個人的な経験とつながる意味」もあります。同じ色でも、その時のコンディションによって、つながる意味が変わることもあります。「この色は良い色」「この色は悪い色」という区別はありません。>

 

(タイトル写真&文中に使用したぬり絵柄 : © T.Suenaga, HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所、山脇惠子著『色彩心理のすべてがわかる本』ナツメ社、高坂美紀著『なりたい自分になるための「色」の掟。』)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理カウンセラー

 

色から「最近のあなた」がわかる!
無料診断はこちら >>

 

HPに使用しているぬり絵柄 : © T.Suenaga, HEART & COLOR CO.,LTD.

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます。
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

電子書籍 色とココロの教科書 Amazonで購入する

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 神社の鳥居は黄みを帯びた鮮やかな赤。赤には「魔除け」の意味があります。

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop