塗り絵ワークショップ「ありたいホンネの私」は何色?

2016.11.16 (水)

電子書籍 色とココロの教科書 詳細を見る

表参道の「色彩学校」で、ワークショップを担当します。

 

【 仕事と私事・両方を充実させたい人の「色彩心理」自己分析ワークショップ 】

 

第1回のテーマは “ 「タテマエの私」と「ホンネの私」を近づけるには? “
他者に見せている「タテマエの私」と、心の奥に居る「ホンネの私」。
そのギャップに気づいて、明日からの自分を「楽」にしてあげませんか?」

 

ところで、あなたは「タテマエの自分」と「ホンネの自分」の違いを、意識したことがありますか?
どんな時の自分が「タテマエ」? どんな時が「ホンネ」?
そもそも「本当の自分」って、何?

 

社会生活を営む以上「100%ホンネで生きる。」なんてことは出来ないけれど・・・
でも、少しでも、ホンネの自分を「楽しく」してあげられたら、良いですよね。

 

「タテマエ」と「ホンネ」。私自身のこと。

 

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%81%ae%e7%a7%81%e3%81%a8%e3%82%bf%e3%83%86%e3%83%9e%e3%82%a8%e3%81%ae%e7%a7%81-1%ef%bc%8820161116

 

ワークショップの前に、今日改めて、自分を見つめて。
「タテマエの私」と「ホンネの私」を塗り分けてみました。

向かって左の人物が「タテマエの私」で、
向かって右が「ホンネの私」

 

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%81%ae%e7%a7%81%e3%81%a8%e3%82%bf%e3%83%86%e3%83%9e%e3%82%a8%e3%81%ae%e7%a7%81-1-2%ef%bc%8820161116

 

25年勤続した会社を辞めて、起業した私。
「色彩心理の道に進もう!」と思い始めた頃から、
そして、実際に起業してからは、さらに、
「ホンネのアウトプット」が、ずいぶんと出来るようになってきたのですが・・・

(ちなみに、下の塗り絵は 2012年12月「色彩学校・入門講座」での表現です。)

 

%e8%89%b2%e5%bd%a9%e5%ad%a6%e6%a0%a1-%e5%85%a5%e9%96%80%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e6%99%82%e8%a1%a8%e7%8f%be-1-2

 

でも、今も、やっぱりまだ「出せていないホンネ」がある。
まだ「良い人」を抜け切れていないんだなぁ、と、
今日の自分の表現を見ながら思いました。

 

(詳しい解説は、明日のワークショップで行いますが)
私の中には、
すごく優しくて、柔らかだった「母」から受け継いだ部分と、
自分にも他者にも厳しかった、甘え下手の「父」から受け継いだ部分。
両方があるのだよなぁ、と日頃から感じています。
(そして母は、実は「芯」はとても強かったのですが。)

 

私は「物腰が柔らかい」と言われることが多く、
「優しくて、言うコトを聞いてくれる人」と思われることが多いんです。
いえいえ。

それだけではなくて、
結構「ハッキリ・キッパリしたところ」があるんですが。
とても親しい友人は、そのコトを知っていると思います(笑)

 

でも、人と付き合い始めの頃に、そこが余り見えないのは、
きっと、

私が「ホンネ」を出していないからなのじゃないかな・・・
と、そんな風に改めて思いました。

 

そして、「こういう人」って思われると、

周囲に期待される、その「役割」に閉じ込めて

本当の自分が、ますます出せなくなる・・・

 

「タテマエ」と「ホンネ」の違いは、どこから来るの?

 

誕生-1-2

 

社会生活を営む以上「100%ホンネで生きる。」なんてことは出来ないけれど・・・

 

「タテマエの私」は、「すべき。あるべき。」
「思考」で動いている私。
社会の中に所属する以上、自分の位置を確保しなければならないし、
評価されたい、感謝されたい、好かれたい、尊敬されたい・・・愛されたい。
そんな思いが、根底にあるのではないでしょうか。

 

「ホンネの私」は「したい。ありたい。」
「欲求・感情」で動いている私。
他者からどう見られるか、ではなくて、
「自分自身が心地よい」と感じる私。
ギャップが無くて「居心地の好い」私。

 

なぜ「ホンネ」を出すのが、怖いのか?

 

%e8%89%b2%e5%bd%a9%e5%ad%a6%e6%a0%a1-%e5%85%a5%e9%96%80%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e6%99%82%e8%a1%a8%e7%8f%be-1-2

 

「ホンネの私」を出すのって、少し、怖いですよね・・・
私も、やっぱり怖いです。
なんで怖いのかな、と考えると、 多分、

「今、持っているモノ」を失うことを恐れているのかな・・・と思います。

 

でも、

「ホンネの私」を出すからこそ、得られるモノもある。

それはきっと、もっと「価値のある」モノ。

 

「ホンネの私」を選ぶ、ってことは、
「広く生きる」ことでは無くて、
「深く生きる」ことを選ぶこと。

なのかもしれない、 そんな風に思います。
そして、

「ホンネの私」を出した方が「愛される」のかもしれないですね。

 

第1回のワークショップでは、

その辺りも掘り下げていこうかな、と思っています。
ご興味持たれた方、是非、気軽にご参加お待ちしています。

このページの下方のリンクから、ご連絡くださいね。
一緒に「ホンネの私」を探してみましょう!

 

時には、時間を掛けて、自分の気持ちと向き合ってみてくださいね。
「色」も、味方になってくれます。

 

色のサポートを受けながら、今日も素敵な一日を。

 

<尚、それぞれの色には、必ず、ポジティブな側面、ネガティブな側面があります。また、色彩とどのようにつきあってきたか、個人的な経験によって、同じ色にも多様な意味があります。「良い色」「悪い色」というのは、ありません。>

(タイトル&文中に使用した塗り絵絵柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD / 参考文献 : 末永蒼生著『心を元気にする色彩セラピー』PHP研究所 / 石原加受子著『期待に応えない生き方』パブラボ)

 

佑貴つばさ(ゆうきつばさ)「色とココロのコンシェルジュ」

 

「色彩心理・セッション」のご案内です。

 

【「色彩心理」塗り絵で自己探求 】

 

会社で「自分らしさ」を発揮できず、楽しくない・・・
これからどうしようか迷っている、働く大人の独身女性へ。
自分とじっくり向き合う時間を持ちませんか?

 

色は、体験・記憶のイメージと繋がっていて、惹かれる色は「深層心理のもうひとつの言葉」。

 

あなたなら「最近の自分」を何色に塗りますか?

 

 

「色」に表れたあなたの本当の気持ちを「通訳」しながらお伝えします。
一緒にココロを読み解いていきましょう。

 

色彩から「あなたの答え」「本当に欲しいもの」を見つけませんか?

 

色彩心理をベースとしたワークショップ・セッションで、働く大人の独身女性を応援しています。

 

「塗り絵で自己探求」詳細はこちら »

 

文中に使用した塗り絵図柄 : © 末永蒼生 HEART & COLOR CO.,LTD

 

Les Ailes de Ma Couleur(レゼル・ド・マクルール)~私色の翼~

 

お読みいただきありがとうございます(^-^)
あなたの「いいね!」が励みになります。引き続き、応援よろしくお願いいたします。

色彩から最近のあなたがわかる!無料診断に申し込む

NHK Eテレ、TBS、フジテレビ、日経電子版、読売新聞、メディア実績ページを見る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 塗り絵ワークショップ「ありたいホンネの私」は何色?

お問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
  • 色彩心理自己分析 企業研修
  • 働く大人女性の独身女性へ
  • 今が「転機」の50代女性へ
  • 実践的な企業研修をお探しの方へ

コラムテーマ一覧

過去のコラム

私が伝えたい11のこと

pagetop